ヴァンフォーレ甲府が新体制を発表…”ミスター”の背番号7は堀米勇輝に

シェア閉じる コメント
ヴァンフォーレ甲府が2018シーズンのスタッフ体制および選手背番号を発表した。

ヴァンフォーレ甲府は14日、2018シーズンのスタッフ体制と選手背番号を発表した。すでに続投が発表されている吉田達磨監督を始め、元大宮アルディージャ監督の伊藤彰がヘッドコーチに就任するのも既報の通り。トレーナーには河村俊平が新たに就任する。

選手背番号では、現役を引退した“ミスター・ヴァンフォーレ”石原克哉氏の7をMF堀米勇輝が受け継ぐ。昨季途中加入してJ1リーグ戦12試合で6得点を挙げたFWリンスが10を背負い、北海道コンサドーレ札幌から期限付きで加入するFW金園英学は17となる。

また、クラブスローガンが「完遂〜プロヴィンチアの挑戦〜」に決まったことも併せて発表されている。

発表された新背番号は以下の通り。

■GK
1 河田晃兵
23 岡大生
31 岡西宏祐

■DF
2 湯澤聖人
3 ビョン・ジュンボン
4 山本英臣
6 エデル・リマ
16 松橋優
22 小出悠太
27 阿部翔平
28 橋爪勇樹
32 入間川景太
33 秋山拓也
35 高野遼

■MF
5 窪田良
7 堀米勇輝
8 新井涼平
18 道渕諒平
19 小塚和季
20 島川俊郎
21 荒木翔
24 曽根田穣
26 佐藤和弘
40 小椋祥平

■FW
10 リンス
14 田中佑昌
13 太田修介
17 金園英学
25 森晃太
29 ジュニオール・バホス

▶Jリーグを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
ユナイテッドの水が合わないポグバ、C・ロナウド加入のユヴェントス復帰を希望
次の記事:
アトレティコでオブラクとの正GK争いに臨むアダン「簡単な道もあったが、世界最高の一クラブ加入を選んだ」
次の記事:
バルセロナ、バレンシアの司令塔パレホの獲得を検討か…契約解除金は5000万ユーロ
次の記事:
ナポリ会長、スペイン代表FWロドリゴへの興味を認める「良い選手であることは否定できない」
次の記事:
鎌田大地、キャンプ前の練習試合でメンバー外に…地元紙「フランクフルトでの先行きが暗い」
閉じる