ローマ指揮官、シメオネ率いるアトレティコを警戒「激闘になる。決然たる姿を」

シェア閉じる コメント
ローマのエウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督はCLアトレティコ・マドリー戦の前日会見で意気込みを語った。

11日、ローマのエウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督は12日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)グループC開幕節アトレティコ・マドリー戦の前日記者会見に出席した。

ローマはオリンピコでディエゴ・シメオネ率いるアトレティコを迎え撃つことになるが、同グループにはアントニオ・コンテのチェルシーも名を連ねており、グループリーグ突破へは険しい道のりとなる。

「すべての力を出し尽くして戦わなければならない。激闘になることが予想されるが、決然たるローマを見たいと思う。戦わなければ勝利は手に入らないので、気持ちが重要になる。ローマは近年、CLにおいてあまり実績を残せていない。明日の試合はグループリーグ突破を懸けた試合になるので、スタートに注意する必要がある。サンプドリア戦が延期になり、この試合への準備に余裕ができたので有利に働くかもしれない。だがシメオネも(バレンシア戦で)主力メンバーの多くに休みを与えている」

続いてディ・フランチェスコは対戦相手の指揮官シメオネの手腕を称え、警戒をさらに強めた。

「チームには彼のアイデンティティーが刻まれている。美しさにはこだわらず、非常に実践的で常に目標を達成する。4年間でCLの決勝へ2度も駒を進めたのは偶然ではないだろう。シメオネは信じられないような仕事を成し遂げた偉大な監督だ。公にはできないが、我々もアトレティコ・マドリーの攻略方法を考えてきている。チーム一丸となることが大切だ。ブルーノ・ペレスと(アレッサンドロ)フロレンツィ? おそらく2人のうちのどちらかがプレーするだろう」

次の記事:
リヴァプールが公式戦19試合ぶりの敗戦…スウォンジーに不覚を取り、前節の金星生かせず/プレミアリーグ第24節
次の記事:
乾貴士先発のエイバル、マラガに先制許すも終盤にキケ弾で追いつきドロー/リーガ第20節
次の記事:
ドウグラス・コスタ弾でユヴェントスがウノゼロ勝利…ホームでジェノアを下す/セリエA第21節
次の記事:
ラフィーニャ、インテルに買い取りOP付きレンタルで加入…約10年過ごしたバルセロナに別れ
次の記事:
サンチェスとムヒタリアンの大型トレードがついに実現!マンチェスター・U、アーセナルが正式発表
閉じる