ローマが逆転で9季ぶりにベスト8進出!ジェコがラウンド16突破に導く/CL決勝T1回戦

シェア閉じる コメント

■チャンピオンズリーグ決勝T1回戦
ローマ 1-0 シャフタール(2戦合計 2-2)

ローマ:ジェコ(52分)
シャフタール・ドネツク:なし

チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグが13日に行われ、ローマとシャフタール・ドネツクが対戦。

敵地でのファーストレグを1-2で落としていたローマは、勝ち抜けのためには勝利が絶対条件の中で本拠地「スタディオ・オリンピコ」で大一番に臨んだ。

3-0と快勝したセリエA前節トリノ戦を欠場していたFWジェコも先発復帰するなど、ベストメンバーで挑んだローマ。早い時間のゴールがほしいところだったが、前半は枠内シュート1本に終わりスコアレスで折り返す。

しかし、後半開始早々に先制点を奪った。自陣から丁寧にパスを繋いだ後、ストロートマンがハーフェーライン付近からダイレクトでDFラインの裏にスルーパスを送る。これに反応したジェコが、冷静にネットを揺らした。ローマがアウェーゴールの差でシャフタールを上回る。

その後シャフタールが退場者を出したこともあり、得点を許さず。アウェーゴールの差で逆転し、2007-08シーズン以来9季ぶりにベスト8進出を決めた。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

次の記事:
14戦未勝利で窮地の名古屋、松本からレフティー前田直輝を緊急補強!完全移籍で獲得
次の記事:
頭部強打の柏GK中村航輔、2度目の脳しんとうと診断…入院して今後の経過を観察
次の記事:
レアル行き報道過熱も…新指揮官サッリがアザール放出を否定「成長を手助けできる」
次の記事:
フランス・デシャン監督、ベルギーからの戦術批判を気に留めず「スポーツの一部」
次の記事:
W杯での傾向を浦和に。トレンド取り入れ完遂のオリヴェイラ監督「価値ある勝利」
閉じる

私たちは最高のオンライン環境を提供するため、クッキー(Cookie)を使用しています。当社のウェブサイトを利用することにより、当社のプライバシーポリシーに従ってクッキーの使用に同意するものとします。

もっと見る 同意する