レヴァンドフスキ獲得にプレミア2クラブが本腰…レアル、パリSGとの熾烈な争奪戦に発展か

シェア閉じる コメント
去就が騒がれるポーランドFWの獲得レースにチェルシーとマンチェスター・ユナイテッドが参戦するようだ。

チェルシーとマンチェスター・ユナイテッドは、ロベルト・レヴァンドフスキの獲得に強い興味を持っているようだ。『スカイスポーツ』が報じた。

先日からレヴァンドフスキがバイエルン・ミュンヘンを退団する希望を持つと報じられており、早ければ数週間以内に去就を明らかにするのではないかとされている。さらに、退団に向けてクラブと話し合いを進めたいと考える同選手は、敏腕代理人として名高いピニ・ザハーヴィ氏を新たに迎えた。しかし、バイエルンは、ポーランド代表ストライカーの売却に強い難色を示し、退団に向けた交渉は難航しそうだ。

仮にバイエルンがレヴァンドフスキの移籍にゴーサインを出したとしても、マンチェスターユナイテッドやチェルシーには難しい戦いが待っている。本命と考えられるレアル・マドリーに加え、今夏エディンソン・カバーニに退団の可能性が浮上しているパリ・サンジェルマンもポーランド代表FWの獲得を目指しており、獲得レースは熾烈を極めそうだ。

2014年7月にボルシア・ドルトムントからバイエルンに加入し、ブンデスリーガ108試合で97ゴールをマークするなど高い決定力を示すレヴァンドフスキがどのような決断を下すのか注目が集まる。

▶ブンデスリーガ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

次の記事:
ガラタサライに続きベジクタシュも香川真司に関心を示す…日本代表MFのトルコ行きに現実味?
次の記事:
トッテナムとソン・フンミンが2023年までの新契約に合意…同日にラメラとも契約延長締結
次の記事:
W杯期間中に追放されたクロアチアFW、準優勝メダルの受け取りを拒否「もらう資格がない」
次の記事:
名将トラパットーニ氏、C・ロナウドのセリエA加入を歓迎「ウィリアム・テルのように」
次の記事:
ローマSD、アリソン放出の正当性を主張「野望の欠如ではない」
閉じる

私たちは最高のオンライン環境を提供するため、クッキー(Cookie)を使用しています。当社のウェブサイトを利用することにより、当社のプライバシーポリシーに従ってクッキーの使用に同意するものとします。

もっと見る 同意する