レヴァンドフスキ、代理人がレアル・マドリーに売り込みか...キャリア終盤に大型契約を希望

コメント
レアル・マドリーはトップクラスのFWを探す

バイエルン・ミュンヘンFWロベルト・レヴァンドフスキが、レアル・マドリー移籍を望んでいるという。スペイン『マルカ』が報じた。

これまで幾度となくマドリー移籍の可能性が取りざたされてきたレヴァンドフスキ。マドリーは今夏のFW獲得を真剣に検討しており、レヴァンドフスキは補強の有力候補だ。

チェザリー・クチャルスキ代理人とマドリー首脳陣は旧知の仲だ。バイエルンと2021年までの契約を結んでいるレヴァンドフスキだが、キャリアの終盤に差し掛かり大型契約締結を希望しているとされ、クチャルスキ代理人はマドリーに売り込みをかけたという。

レヴァンドフスキは今季ここまで公式戦25得点を記録している。今年8月21日に30歳を迎えるが、得点感覚はまったく衰えていない。FWカリム・ベンゼマの競争相手はレヴァンドフスキになるのだろうか。

▶リーガ・エスパニョーラを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
カリウス、昨季CL決勝を振り返り…「S・ラモスには一切謝られていない」
次の記事:
レアル・マドリー、ベルナベウ全面改装に着手へ…改装費用として764億円の債務を負うことが承認される
次の記事:
復活弾の宮市、同僚はゴールへ突き進む姿勢に感嘆「普通のアタッカーだったら…」
次の記事:
シメオネ、3強扱いを拒絶!「私たちはバルサでもマドリーでもない。アトレティコに対する要求をしてくれ」
次の記事:
シメオネ、リーガ3強として扱われる現状に…「私たちはバルサでもマドリーでもない。アトレティコに対する要求をしてくれ」
閉じる