レヴァンドフスキ、代理人がレアル・マドリーに売り込みか...キャリア終盤に大型契約を希望

シェア閉じる コメント
レアル・マドリーはトップクラスのFWを探す

バイエルン・ミュンヘンFWロベルト・レヴァンドフスキが、レアル・マドリー移籍を望んでいるという。スペイン『マルカ』が報じた。

これまで幾度となくマドリー移籍の可能性が取りざたされてきたレヴァンドフスキ。マドリーは今夏のFW獲得を真剣に検討しており、レヴァンドフスキは補強の有力候補だ。

チェザリー・クチャルスキ代理人とマドリー首脳陣は旧知の仲だ。バイエルンと2021年までの契約を結んでいるレヴァンドフスキだが、キャリアの終盤に差し掛かり大型契約締結を希望しているとされ、クチャルスキ代理人はマドリーに売り込みをかけたという。

レヴァンドフスキは今季ここまで公式戦25得点を記録している。今年8月21日に30歳を迎えるが、得点感覚はまったく衰えていない。FWカリム・ベンゼマの競争相手はレヴァンドフスキになるのだろうか。

▶リーガ・エスパニョーラを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
コロンビア監督、「彼らのことは知っている」と日本に警戒感…ハメスが起用可能かは明言せず
次の記事:
モウリーニョ、PK失敗のメッシを気遣う「彼も人間だから…」
次の記事:
元指揮官が新世代のイングランド代表を絶賛「若く才能ある選手が多い」
次の記事:
長谷部、コロンビアには簡単に勝てない。自分たちのゲームプランを遂行したい
次の記事:
スペイン監督、批判集中のデ・ヘアのイラン戦起用を明言「良くない時期も信頼すべき」
閉じる