レスターFWにベジクタシュ行きの話が急浮上…岡崎慎司のポジション争いに影響か

シェア閉じる コメント
トルコの強豪ベジクタシュが、レスターFWスリマニ獲得に向けて動いていると報じられた。スリマニが退団となれば、岡崎のポジション争いにも影響を及ぼすことになりそうだが、果たして……。

レスターに所属するアルジェリア代表FWイスラム・スリマニを獲得すべく、今冬の移籍市場でベジクタシュが動いているとトルコメディア『ntvspor』が報じている。

ベジクタシュはトルコリーグで第17節まで8勝6分け3敗のリーグ4位に付けている。今冬の移籍市場でトルコ代表FWジェンク・トスンの退団が確実視されており、その穴埋め役としてスリマニに関心を示しているようだ。

スリマニは今シーズン、レスターで出場機会に恵まれていなかったが、年明け1日に行われたハダースフィールド戦で岡崎慎司とともに先発出場。この試合でリーグ戦今季初ゴール(12試合1ゴール)を記録していた。

レスターは岡崎のほかにジェイミー・バーディー、レオナルド・ウジョア、ケレチ・イヘアナチョ、アーメド・ムサがFWとして在籍している。もし、スリマニが今冬退団となれば、岡崎の出場機会にも影響を及ぼすことになりそうだ。

▶プレミアリーグを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
恐喝事件以降フランス代表から干されたベンゼマ、母国のW杯優勝を祝福「みんな、おめでとう」
次の記事:
主将ロリス、W杯決勝でまさかのミスも「大きな問題ではない」…優勝には感傷的
次の記事:
準優勝も胸を張るクロアチア主将モドリッチ「誇りに思うよ。すべての人に感謝したい」
次の記事:
“王様”ペレ氏が現役復帰!?ムバッペの自身と同じ偉業に「私もスパイクを磨かないと」
次の記事:
アルゼンチン代表、サンパオリとの契約を解除…後任候補にはシメオネやポチェッティーノの名
閉じる