レスター岡崎慎司、前半のみの出場で厳しい評価…英紙「最後まで試合に入れず」

シェア閉じる コメント
岡崎慎司はトッテナム戦で先発出場するも前半のみで交代。現地紙の評価も厳しいものとなった。

レスター・シティの日本代表FW岡崎慎司に厳しい評価が下されている。

レスターは18日、プレミアリーグ第34節延期分でトッテナムと対戦し、1-6で大敗を喫した。岡崎は4試合連続の先発出場を飾ったが、見せ場なく前半のみで交代している。

地元紙『レスター・マーキュリー』は、岡崎にチーム単独最低点となる「4」の採点。寸評では「チームは常に(ジェイミー)バーディーを探していたため、最後まで試合に入れなかった」と記されている。また、イギリス紙『デイリー・メール』でも、「5」と厳しい評価となった。

前節はマンチェスター・シティ相手に鮮烈なボレーシュートでゴールを挙げた岡崎。しかし、今節はチーム全体でチャンスの数がほとんどなく、岡崎もそれに伴いパフォーマンスが低下した格好だ。シーズンも残すところあと1試合。良い形で終えることはできるだろうか。

サッカーのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
直近8試合で15得点...CLで驚異の決定力を示しているC・ロナウド
次の記事:
S・モスクワに屈辱的な敗戦を喫したセビージャ、欧州の舞台で59年ぶりの大敗
次の記事:
浦和・阿部勇樹、10年ぶりのアジア制覇へ「大勢の仲間達がいるので大丈夫」
次の記事:
浦和レッズ、アジア制覇へ王手!“爆買い”上海上港を破って10年ぶり決勝進出/ACL準決勝
次の記事:
パウリーニョ、バルサでの役割について「メッシが際立つために、僕は走る」
閉じる