レスター岡崎慎司、バス爆破事件で危険を実感「今までだったらあり得ない話」

シェア閉じる コメント
ドルトムントでのバス爆破事件の翌日に試合を戦ったレスターFW岡崎。直接的な影響はなかったとしながら、危険と隣り合わせであることを再確認したようだ。

レスター・シティの日本代表FW岡崎慎司は、ドルトムントで起きた事件で危険と隣り合わせであることを改めて実感したと話している。

11日、ドルトムント対モナコの一戦を前に、ドルトムントのチームバスが襲撃され、DFマルク・バルトラがケガをした。試合も翌日に延期となり、サッカー界に激震が走っている。

事件の翌日にピッチへと立った岡崎は、警備が厳重になったことやUEFA(欧州サッカー連盟)から何か伝えられたことは「特にない」としながらも、恐怖を感じていたという。

「影響はまったくないですけど、本当に怖いなと思います。選手が一人ケガをしているというのは今までないじゃないですか。骨折だから重傷ですしね。今までだったらあり得ない話だなと思います。でも現実的にサッカーチームにそういうことが起きる。CLとか大きい大会になると狙われますし、ブラジル・ワールドカップのときも危ないと言われたじゃないですか。そういう意味では本当に危険と隣り合わせだなと感じましたけどね」

サッカーのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
F・トーレスという人間…誠実かつ真面目で練習の虫、Jリーグで成功できると断言できる理由
次の記事:
鳥栖のF・トーレスはベンチスタート!“神の子”が仙台戦でJリーグデビューへ
次の記事:
W杯落選のサネ、ドイツ代表指揮官との遺恨なし「十分な説明があった」
次の記事:
神戸・イニエスタが湘南戦でベンチ入り!世界的スターの出番はあるか
次の記事:
31歳GKハート、シティからの移籍を志願「新しいキャリアを始める必要がある」
閉じる

私たちは最高のオンライン環境を提供するため、クッキー(Cookie)を使用しています。当社のウェブサイトを利用することにより、当社のプライバシーポリシーに従ってクッキーの使用に同意するものとします。

もっと見る 同意する