レスター岡崎慎司、バス爆破事件で危険を実感「今までだったらあり得ない話」

シェア閉じる コメント
ドルトムントでのバス爆破事件の翌日に試合を戦ったレスターFW岡崎。直接的な影響はなかったとしながら、危険と隣り合わせであることを再確認したようだ。

レスター・シティの日本代表FW岡崎慎司は、ドルトムントで起きた事件で危険と隣り合わせであることを改めて実感したと話している。

11日、ドルトムント対モナコの一戦を前に、ドルトムントのチームバスが襲撃され、DFマルク・バルトラがケガをした。試合も翌日に延期となり、サッカー界に激震が走っている。

事件の翌日にピッチへと立った岡崎は、警備が厳重になったことやUEFA(欧州サッカー連盟)から何か伝えられたことは「特にない」としながらも、恐怖を感じていたという。

「影響はまったくないですけど、本当に怖いなと思います。選手が一人ケガをしているというのは今までないじゃないですか。骨折だから重傷ですしね。今までだったらあり得ない話だなと思います。でも現実的にサッカーチームにそういうことが起きる。CLとか大きい大会になると狙われますし、ブラジル・ワールドカップのときも危ないと言われたじゃないですか。そういう意味では本当に危険と隣り合わせだなと感じましたけどね」

サッカーのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
Jリーグは指導者不足?ハリル監督とも親交ある記者が思う問題点とは?【開幕特集】
次の記事:
主将・酒井高徳、HSVとの契約更新には慎重…クラブSD「競技面の結果を見守りたいようだ」
次の記事:
足首負傷の香川真司はさらに2週間離脱へ…ELアタランタ戦や難敵ライプツィヒ戦は欠場濃厚に
次の記事:
ヘタフェ、アンヘル2発などでセルタに快勝...柴崎岳は出場せず/リーガ第24節
次の記事:
マンチェスター・Cがまさかの敗退!“因縁の相手”3部ウィガンに今季3敗目を喫する/FAカップ5回戦
閉じる