レアル、C・ロナウドの移籍金は248億円…支払えるのはユナイテッド&PSGか

シェア閉じる コメント
年俸額含めて、合計4億ユーロの取引に。

レアル・マドリー退団を希望しているとされるFWクリスティアーノ・ロナウドだが、実際に退団する場合の移籍金は2億ユーロ(約248億円)となるようだ。スペイン『マルカ』が報じている。

メディアやファンからの批判などによって、これまでにもレアル・マドリーで不満を溜め込んできたとされるC・ロナウドだが、マドリー検察から脱税の疑いで起訴されたことをきっかけについに退団を決意したとされる。

レアル・マドリー側はC・ロナウドの怒りが収まるまで静観し、その後に選手本人と話し合う考えのようだが、実際に売却する際のことも想定に入れているようだ。

レアル・マドリーはC・ロナウドの契約解除金を10億ユーロ(約1240億円)と天文学的な数字に設定しているが、実際に売却する場合、その移籍金を2億ユーロ程と見積もっているという。『マルカ』は、同選手が現時点では移籍先と考えていない中国を除けば、同額を支払えるのがマンチェスター・ユナイテッド、パリ・サンジェルマン(PSG)と記している。

またレアル・マドリーは、2021年まで契約を結ぶC・ロナウドに年俸として5000万ユーロ(所得税の負担含む)を支払っているが、今夏に売却すれば2億ユーロの節約となる。そのため『マルカ』は、C・ロナウドの移籍オペレーションが4億ユーロ(496億円)の取引であることを報じている。

しかしながら同紙は、世界的なアイコンであるC・ロナウドを在籍させることで手にできる額が、4億ユーロ以上にのぼる可能性も記している。

次の記事:
先制弾、浅野拓磨の先発起用で指揮官ヴォルフの采配ズバリ! 浅野スタメン出場の理由とは?
次の記事:
ヘント久保裕也のゴールに、ムスクロンの敵将も絶賛「素晴らしいクオリティだった」
次の記事:
キャリック、24日に不整脈の治療を受けたと告白…早期復帰に向け意気込み
次の記事:
レスターが敵地でウェスト・ハムと勝ち点1を分け合う…岡崎慎司は出場せず/プレミアリーグ第13節
次の記事:
ヘント久保裕也が今季5ゴール目…1ゴール1アシストの活躍でチームを勝利に導く
閉じる