レアル会長がレヴァンドフスキ合意報道を否定…バイエルンCEOにメールで弁明

コメント
先日個人間で合意と報道。しかし、接触はないと伝えられている。

バイエルン・ミュンヘンのFWロベルト・レヴァンドフスキと、レアル・マドリーの間に現段階で接触はないようだ。ドイツ紙『ミュンヘナー・メルクル』が独占で報じた。

先日、スペイン紙『ムンド・デポルティボ』がレヴァンドフスキとレアル・マドリーの個人間合意を報道。2021年まで残しているポーランド代表ストライカーに対し、レアル・マドリーは最低でも1億ユーロ(約130億円)を支払うことで移籍をまとめたと伝えられた。

しかし、レアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長が、バイエルンのカール・ハインツ・ルンメニゲCEOに対してメールで、レヴァンドフスキとの合意がないことを伝えたという。

レヴァンドフスキは今年に入ってから、「新たなチャレンジ」を求めていることを明かし、海外移籍を求めているとも伝えられる。その候補としてレアル・マドリーは有力ではあるものの、現段階で何の接触もないと言えそうだ。

▶ブンデスリーガ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

次の記事:
マンチェスター・U、フレッジ初ゴールも…ホームで昇格組に勝ち点落とす/プレミアリーグ第6節
次の記事:
マンチェスター・C強し…マフレズ2ゴールなどでカーディフに5発完勝/プレミアリーグ第6節
次の記事:
日本人対決は久保裕也のニュルンベルクに軍配…原口は途中交代、浅野は出番なし
次の記事:
香川真司、初先発で存在感もチャンス決めきれず…ドルトムントはドロー/ブンデスリーガ第4節
次の記事:
イスコの「S・ラモスがFK譲ってくれた」発言が物議醸す…フリーキッカーを決めるのはコーチ陣or選手?
閉じる