レアル・マドリー、C・ロナウド退団の場合は今夏にもムバッペ獲得へ…移籍金額は124億円以上でクラブ史上最高額に

シェア閉じる コメント
ムバッペはレアル・マドリー移籍だけを考慮している模様。

レアル・マドリーが、モナコFWキリアン・ムバッペを今夏に獲得する可能性が浮上している。19日付のスペイン『マルカ』が1面で報じた。

レアル・マドリーが獲得を狙うムバッペだが、『マルカ』によれば選手本人も同クラブへの移籍を望んでいるという。ムバッペは15日、スペインのマジョルカでモナコのディミトリ・リボロフレフ会長と一緒に食事をし、その場で「レアル・マドリー移籍か、それともどこにも行かないか」との考えを口にしたとのことだ。

広告

一方レアル・マドリーはムバッペの獲得を今夏に内定させ、トップレベルでのプレーにも慣れているであろう来季にチームに加える考えだったが、その方針の変更を考慮しているようだ。『マルカ』によれば、退団報道のあるFWクリスティアーノ・ロナウドが実際にクラブを後にする場合には、今夏にもチームに引き入れる可能性があるという。

なおレアル・マドリーはムバッペの移籍金として1億ユーロ(124億円)以上を支払う用意があるとされており、フランス代表FWは同クラブ史上最高額の選手になる可能性がある。

リーガ・エスパニョーラのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
レアル・マドリー、アポエル戦の勝ち点3獲得で傷を“縫合”できるか...26年連続CLグループ突破懸かる
次の記事:
ネイマール、ビッグタイトル獲得に野心「CLとW杯を獲りたい」
次の記事:
A・モレノ、コウチーニョを絶賛「彼はトップ・オブ・トップの選手」
次の記事:
C・ロナウド、CLではチームの得点占有率75%...リーガにおいては4%
次の記事:
ハンブルガーSV伊藤達哉、契約自動更新まであと3試合…クラブは慰留へ複数年契約も用意か
閉じる