レアル・マドリー、“最速の男”ナチョにネイマール封じの役割を託す考え

コメント
カルバハルの代役に

レアル・マドリーは、DFナチョ・フェルナンデスにエース封じの役割を託す考えのようだ。スペイン『マルカ』が報じた。

マドリーは14日にチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦第1戦で本拠地サンティアゴ・ベルナベウにパリ・サンジェルマンを迎える。ジネディーヌ・ジダン監督は、DFダニエル・カルバハルを出場停止によりこの試合で起用できない。

ジダン監督は右サイドバックにナチョを据える考えを固めた模様。対峙するのはパリSGのエースであるネイマールだ。ナチョはマドリーの中で最速の選手(最大時速34,6Km)で、ネイマール(最大時速34,8Km)にスピードで引けを取らない。

28歳のナチョは、これまでCLで24試合に出場している。ジダン政権下で経験を積んできたスペイン代表DFだが、今季の行方を占う一戦で「ネイマールを止める」という大きなミッションに挑むことになりそうだ。

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
R・サンチェスが恩返し弾…キミッヒはベンフィカサポーターの反応に感銘「見たことがない」
次の記事:
新体制のアーセナル、アルゼンチン代表FWをトップターゲットに?最低でも66億円必要か
次の記事:
世界チャンピオンとなったポグバがマンチェスター・Uで輝ける日は来るのか
次の記事:
レノがアーセナル初出場へ…指揮官が明言「ELでプレーする。ある点ではチェフよりも優れている」
次の記事:
失点関与の浅野拓磨にハノーファー監督から励ましの言葉「下を向くことはない。誰でもミスをする」
閉じる