レアル・マドリー主将となったベンゼマ、ベイルにPKキッカー譲ることを求められて拒否…2本目は譲る

シェア閉じる コメント

31日のリーガ・エスパニョーラ第30節、レアル・マドリーは敵地エスタディオ・グラン・カナリアでのラス・パルマス戦に3−0で勝利した。PKによってチームの2点目を決めたのはFWカリム・ベンゼマだったが、その際にMFガレス・ベイルからPKキッカーの役割を譲るよう懇願され、断りを入れていた。

この試合の39分、レアル・マドリーはMFルーカス・バスケスがペナルティーエリア内で倒されてPKを獲得。ボールを持ってペナルティーマークへと向かったのはDFセルヒオ・ラモス、DFマルセロ、FWクリスティアーノ・ロナウドが欠場したために、初めてレアル・マドリーのキャプンマークを巻いたベンゼマだった。

その場面でベンゼマは、チームの先制点を記録していたベイルからPKキッカーを譲るように懇願された。しかしながらレアル・マドリー主将は、愛情たっぷりにベイルのお尻を叩いて、その願いを拒否。そうしてペナルティーマークにボールを置き、落ち着き払ったシュートでPKを成功させた。

なおレアル・マドリーは後半にもPKを獲得したが、その際にベンゼマはベイルにPKキッカーの役割を譲り、ベイルがしっかりとこれを決め切った。なお今季リーガで、ベンゼマは5得点、ベイルは11得点を記録している。

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

次の記事:
【J1特集/第17節】世界的スターがJリーグのピッチへ!イニエスタ&F・トーレスがデビューか
次の記事:
初陣対決はコバチに軍配!バイエルンがPSGを逆転で下す…ブッフォン交代直後に決勝弾/ICC
次の記事:
「うわぁ」「おぉ」「すげえ」レアル加入ヴィニシウス、超絶ループで百戦錬磨の選手たちに感嘆の声を上げさせる
次の記事:
アトレティコ、24歳で240試合出場誇るセルタ左SBジョニー獲得へ…今季はプレミアにレンタルか
次の記事:
バルセロナ、シレッセンを今夏に売却か…放出先候補はローマやチェルシー
閉じる

私たちは最高のオンライン環境を提供するため、クッキー(Cookie)を使用しています。当社のウェブサイトを利用することにより、当社のプライバシーポリシーに従ってクッキーの使用に同意するものとします。

もっと見る 同意する