レアル・マドリーの次期監督はポチェッティーノか…「来季に向けすでに接触」とも

シェア閉じる コメント
リーガで苦戦を強いられ、コパ・デル・レイでも早期敗退を喫したジダン監督は、指揮官の座が危うい状況となっている。英紙は、その代案がポチェッティーノとなっていると報じた。

リーガ・エスパニョーラで勝ち点の取りこぼしが続くレアル・マドリーが、次期監督としてトッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ招へいに向けて動いているようだ。

イギリスメディア『デイリー・メール』は、「リーガでバルセロナから後れを取っているレアル・マドリーは、ジネディーヌ・ジダンの後任としてポチェッティーノに関心を示しており、来季からの招へいを目指してトッテナム側とコンタクトを取っている」と報じた。

日本時間27日時点で、ジダン監督率いるレアル・マドリーは現在4位(勝ち点35)。首位バルセロナ(勝ち点54)から勝ち点差19も離されており、リーガの連覇は絶望的な状況となっている。

レアル・マドリーは昨年末に行われたホームでのバルセロナ戦で0-3の大敗を喫し、年明けのビジャレアル戦は0-1で落としている。コパ・デル・レイでも早期敗退を喫していた。そこでレアル・マドリー首脳陣はジダンの代案として、トッテナムで近年進境著しいポチェッティーノの招へいを目指している模様。

今シーズンのチャンピオンズリーグでは、レアル・マドリーとトッテナムは同組となったが、トッテナムが1勝1分けでグループリーグ首位の座を勝ち取っている。ジダンを今季限りで見切り、新監督としてポチェッティーノを招くというシナリオも、十分に現実的なものとなっているようだ。

次の記事:
ガラタサライに続きベジクタシュも香川真司に関心を示す…日本代表MFのトルコ行きに現実味?
次の記事:
トッテナムとソン・フンミンが2023年までの新契約に合意…同日にラメラとも契約延長締結
次の記事:
W杯期間中に追放されたクロアチアFW、準優勝メダルの受け取りを拒否「もらう資格がない」
次の記事:
名将トラパットーニ氏、C・ロナウドのセリエA加入を歓迎「ウィリアム・テルのように」
次の記事:
ローマSD、アリソン放出の正当性を主張「野望の欠如ではない」
閉じる

私たちは最高のオンライン環境を提供するため、クッキー(Cookie)を使用しています。当社のウェブサイトを利用することにより、当社のプライバシーポリシーに従ってクッキーの使用に同意するものとします。

もっと見る 同意する