レアル・マドリーの不調の原因とは...失われた団結力、決定力不足、フィジカル低下

シェア閉じる コメント
来月にはパリ・サンジェルマンとの一戦を控える

不振に陥っているレアル・マドリーだが、クラブ内部ではその分析が行われているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。

「初めてマドリーが優っていると感じた」。これは今季のスペイン・スーパーカップを終えた直後、バルセロナDFジェラール・ピケが放った言葉だ。

しかし、あれから3カ月が経ち、立場は逆転している。首位バルセロナと4位レアル・マドリー(未消化1試合)の勝ち点差は16ポイントまで開き、マドリーのリーガエスパニョーラ連覇は絶望的な状況だ。

昨季リーガ優勝とチャンピオンズリーグ(CL)制覇を達成したチームに、何が起きたのか。マドリー内部ではすでに分析が行われており、団結力が失われたこと、フィジカルコンディションの低下、決定力不足、野心の衰え、主力と控え選手の出場時間差が原因だと考えられている。

また、マドリーはCL決勝トーナメント1回戦でパリ・サンジェルマンと激突する。2月14日に行われるファーストレグまでに何らかの解決策を見いださければ...。マドリーが窮地に立たされている。

▶リーガ・エスパニョーラを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
ガラタサライに続きベジクタシュも香川真司に関心を示す…日本代表MFのトルコ行きに現実味?
次の記事:
トッテナムとソン・フンミンが2023年までの新契約に合意…同日にラメラとも契約延長締結
次の記事:
W杯期間中に追放されたクロアチアFW、準優勝メダルの受け取りを拒否「もらう資格がない」
次の記事:
名将トラパットーニ氏、C・ロナウドのセリエA加入を歓迎「ウィリアム・テルのように」
次の記事:
ローマSD、アリソン放出の正当性を主張「野望の欠如ではない」
閉じる

私たちは最高のオンライン環境を提供するため、クッキー(Cookie)を使用しています。当社のウェブサイトを利用することにより、当社のプライバシーポリシーに従ってクッキーの使用に同意するものとします。

もっと見る 同意する