レアル・マドリーに君臨する“CLの王様”...25歳にして3度の優勝を経験したカセミロ

シェア閉じる コメント
欧州王者の必要不可欠なボランチに

まさに、「チャンピオンズリーグ(CL)の王様」と形容できる選手が、レアル・マドリーに在籍している。

その男の名は、カセミロだ。2013年にレアル・マドリー・カスティージャ(Bチーム)に入団し、その後ポルトへのレンタル移籍を経て、2014年夏に復帰。現在、ジネディーヌ・ジダン監督の下で必要不可欠なボランチとなっている。

広告

カセミロは2013-14シーズンにカルロ・アンチェロッティ監督(現バイエルン・ミュンヘン)と共に初のCL制覇を経験。アンチェロッティ監督指揮下では控えだったカセミロだが、準々決勝のボルシア・ドルトムント戦では2戦とも途中出場ながら大一番での勝利に貢献した。

ジダン監督に率いられたチームでは、MFトニ・クロース、ルカ・モドリッチと組んで盤石の中盤を形成している。15-16シーズン、昨シーズンと連覇を果たしたマドリー。カセミロが重要な役割を担ったことは言うまでもない。

▶サッカーのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう

次の記事:
バルセロナが放出検討のミナ「もし望まれない存在なら最高の移籍先を探す」
次の記事:
『君の瞳に恋してる』チャント歌われたF・トーレス、スペインメディア「日本は彼の応援方法を知っている」
次の記事:
JデビューのF・トーレス「来週ゴールを決められるように」…激しい練習で調子を上げる
次の記事:
仙台DF板倉滉、F・トーレスの印象は「顔ちっちゃくてカッコ良かった」
次の記事:
欧州有数の熱狂的スタジアムでプレーしてきたF・トーレス、日本の応援に感動「雰囲気素晴らしい」
閉じる

私たちは最高のオンライン環境を提供するため、クッキー(Cookie)を使用しています。当社のウェブサイトを利用することにより、当社のプライバシーポリシーに従ってクッキーの使用に同意するものとします。

もっと見る 同意する