ランパード「マティッチの売却は驚きだった」敵に塩を送る行為だと苦言

シェア閉じる コメント
チェルシーのレジェンド、ランパードが古巣のマティッチ売却が驚きだったと語っている。マンチェスター・Uに“塩を送る”行為だと見ているようだ。

かつてチェルシーで長らく活躍したレジェンド、フランク・ランパードが今夏移籍したセルビア代表MFネマニャ・マティッチについて言及した。

同選手はジョゼ・モウリーニョ監督のラブコールを受けてチェルシーからマンチェスター・ユナイテッドに新天地を求めている。

ランパードは『ESPN FC』のインタビューで「簡単ではない移籍が今夏も数多く発生したね。その中でも、ライバルチームに主力選手を放出するという構図はとても奇妙なように思えた。マティッチなんかその筆頭だね。彼はマンチェスター・Uが求めていた人材だし、間違いなくライバルチームを改善させる移籍になった」と発言。

移籍市場でチェルシーはティエムエ・バカヨコを獲得しているが、「チェルシーは彼が持っている才能をしっかり引き出してあげる必要がある。ただ、チェルシーのシステムに適合するような規律もしっかり意識してプレーしてもらわないといけないね」と、新戦力に期待を寄せながらもシステムや戦術面での順応も重要だと説いている。

インタビュー内で言及しているようにランパードは、マティッチの売却が“敵に塩を送る”行為と分析。また、新シーズンはチェルシーにとっての長年のライバルチームである、マンチェスター・Uが優勝争いで警戒すべき存在になったと見ているようだ。

▶プレミアリーグを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
5月にファンから襲撃されたドスト、主力退団続出もスポルティングとの契約延長を決断「大切な居場所」
次の記事:
ミニョレ代理人がリヴァプール退団を示唆「数日中に決まる」…新天地候補にはバルサが急浮上
次の記事:
パリSG指揮官トゥヘル、ムバッペらの合流を心待ちに「彼らのW杯はあまりに長すぎた」
次の記事:
「ファウルを受けた後は痛いし、苦しいんだ」ピッチ上を転げ回る行為を批判されるネイマールが反論
次の記事:
【J1特集/第17節】世界的スターがJリーグのピッチへ!イニエスタ&F・トーレスがデビューか
閉じる

私たちは最高のオンライン環境を提供するため、クッキー(Cookie)を使用しています。当社のウェブサイトを利用することにより、当社のプライバシーポリシーに従ってクッキーの使用に同意するものとします。

もっと見る 同意する