ユヴェントス移籍に近づくエムレ・カンが夏までの残留を示唆「リヴァプールで優勝したい」

シェア閉じる コメント
去就に揺れるドイツ代表MFが1月の退団を否定した。

今冬のユヴェントス移籍が囁かれるエムレ・カンだが、リヴァプールでタイトルを獲得したいと話した。

先日からカンがリヴァプールを退団してセリエA王者のユヴェントスに加入するのではないかと頻繁に報じられている。ドイツ代表MFとリヴァプールは今夏に契約満了を迎えるため、移籍金の獲得できる1月に移籍が完了すると考えられていたが、同選手はシーズン終了までアンフィールドでプレーし、トロフィを獲得したいと語った。

「まだまだ多くの試合が残されているが、僕はこの調子を維持して、夏のワールドカップに備えたい。今、僕たちは良い状態でプレーできている。そして可能なかぎり多くの試合に勝利して、FAカップやチャンピオンズリーグ、プレミアリーグで良い成績を収めたい。僕たちはトロフィ獲得を強く願っている。僕たちがベストな戦いができれば、このチームにはタイトルを獲得できる力がある」

また、12月のウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン戦で通算出場試合数が「150」に到達したカンは「3年半の間このクラブにいて多くの試合に出場できたことは非常に名誉なこと。この大台に達したことをとても誇りに思う。23歳でリヴァプールのようなクラブでこれだけ多くの試合に出られるなんて数えられるほどしかいないだろう」

「トレーナーや監督、ここにいるスタッフの皆に感謝している。なぜなら彼らなしではこのようなことは達成できなかった。この3年半で成長できたことに満足しているが、まだまだ改善できる余地がある」とコメントを残した。

▶プレミアリーグを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
ガラタサライに続きベジクタシュも香川真司に関心を示す…日本代表MFのトルコ行きに現実味?
次の記事:
トッテナムとソン・フンミンが2023年までの新契約に合意…同日にラメラとも契約延長締結
次の記事:
W杯期間中に追放されたクロアチアFW、準優勝メダルの受け取りを拒否「もらう資格がない」
次の記事:
名将トラパットーニ氏、C・ロナウドのセリエA加入を歓迎「ウィリアム・テルのように」
次の記事:
ローマSD、アリソン放出の正当性を主張「野望の欠如ではない」
閉じる

私たちは最高のオンライン環境を提供するため、クッキー(Cookie)を使用しています。当社のウェブサイトを利用することにより、当社のプライバシーポリシーに従ってクッキーの使用に同意するものとします。

もっと見る 同意する