ユヴェントス、ホームで2点リードを守りきれず…イグアインのPK失敗が響く/CLラウンド16

コメント
トッテナムが敵地で2点を奪い、ロンドンへ戻ることに成功。

■CL決勝T一回戦 ユヴェントス 2-2 トッテナム

ユヴェントス:イグアイン(2分、9分)

トッテナム:ケイン(35分)、エリクセン(71分)

チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦が13日に行われ、ユヴェントスとトッテナムが対戦した。

ユヴェントスはパウロ・ディバラ、フアン・クアドラード、ブレーズ・マテュイディ、アンドレア・バルザーリといった選手が欠場。中盤にはフェデリコ・ベルナルデスキが入り、ミラレム・ピアニッチがアンカーに入った。

一方のトッテナムはハリー・ケイン、デレ・アリを始めとしてほぼベストメンバー。また、ソン・フンミンではなくエリック・ラメラを起用している。

すると、ホームのユヴェントスが最初のチャンスで、ファンを熱狂の渦に包み込む。ピアニッチのFKからチップキックで前線へ送られると、合わせたのはゴンサロ・イグアイン。後ろから来たボレーで流し込み、エースとして大きな1点を挙げる。

さらに8分、ベルナルデスキがエリア内でベン・デイヴィスのファウルを受けて、PKを獲得。これをイグアインがゴール左にねじ込み、あっという間にトッテナムを突き放す。

2点をリードしたユヴェントスは、ラインを下げてトッテナムを待ち構える。必然的にトッテナムの支配率が高まるものの、ジャンルイジ・ブッフォンと守備陣の奮闘でゴールは生まれない。

それでも、トッテナムがユヴェントスのチェイスをかわし切ると、スルーパスに抜け出したのはケイン。ブッフォンをかわして無人のゴールへ流し込み、1点差とする。

再びパワーを持つ必要がでてきたユヴェントスは、ドグラス・コスタが魅せる。圧倒的スピードでダビンソン・サンチェス、セルジュ・オーリエを振り切ると、オーリエのスライディングでPKを奪取。しかし、これをイグアインがバーに当ててしまい、再度突き放すことはできずに前半を終える。

後半に入り、ハイプレスでペースをつかんだのはユヴェントス。ベルナルデスキのミドルシュートでゴールを脅かしていくが、ウーゴ・ロリスの好守で防いでいく。

すると71分、トッテナムがクリスティアン・エリクセンのFKで同点に追いつく。壁の横を抜くグラウンダーのシュートで、ブッフォンの逆を突き、貴重なアウェーゴール2つ目を挙げている。

終盤、トッテナムが時間を使いながら、時計の針を進める。ユヴェントスはチャンスを得ることなくアディショナルタイム2分が経過し、初戦は2-2で終了した。

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
新体制のアーセナル、アルゼンチン代表FWをトップターゲットに?最低でも66億円必要か
次の記事:
世界チャンピオンとなったポグバがマンチェスター・Uで輝ける日は来るのか
次の記事:
レノがアーセナル初出場へ…指揮官が明言「ELでプレーする。ある点ではチェフよりも優れている」
次の記事:
失点関与の浅野拓磨にハノーファー監督から励ましの言葉「下を向くことはない。誰でもミスをする」
次の記事:
C・ロナウドはマンチェスター・U戦も出場停止の可能性?アッレグリは判定に不満
閉じる