ユヴェントス、シュチェスニー獲得へ…アッレグリはブッフォンの後継者にする考え?

シェア閉じる コメント
ユヴェントスがまもなくセカンドキーパーの獲得発表へ。ここ2シーズンをライバルのローマで過ごしたポーランド代表GKの獲得へ近づいている。

ユヴェントスはアーセナルに所属するポーランド代表GKヴォイチェフ・シュチェスニーの獲得に近づいている。今週末にも正式発表に至ることが『Goal』の取材により明らかとなった。

シュチェスニーはここ2シーズンをレンタル先のローマで過ごす。ペトル・チェフの明確な2番手となるアーセナルに戻る予定はなく、ユヴェントス行きが近づいているという。

ユヴェントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督は、2018年で現役を退くと見られるジャンルイジ・ブッフォンの長期的な後継者としてシュチェスニーに期待している。ユヴェントスは27歳のGKに対して5年契約のオファーを持ちかけているが、アーセナルとまだ合意に至っていないようだ。

ユヴェントスは今夏、第2GKのネトをバレンシアに放出。ブッフォンの後継者兼セカンドキーパーを探しているところであった。

次の記事:
槙野智章が明かす原口元気への恩返し「スタンドとピッチという境界はありましたが…」
次の記事:
磐田・名波監督、怒涛の追い上げを見せた鹿島の強さに脱帽「我々も目標にしなければ」
次の記事:
磐田に昨季の雪辱果たせぬも…鹿島MF三竿「いいめぐり合わせ、ここから再出発」
次の記事:
W杯戦士・槙野&遠藤コンビで3発!浦和がCKから全得点奪い快勝…名古屋は絶望の14戦未勝利/J1第16節
次の記事:
パトリックら前線が大暴れ!首位広島がG大阪に4発圧勝で勝ち点40到達/J1第16節
閉じる

私たちは最高のオンライン環境を提供するため、クッキー(Cookie)を使用しています。当社のウェブサイトを利用することにより、当社のプライバシーポリシーに従ってクッキーの使用に同意するものとします。

もっと見る 同意する