モントリーヴォが前半戦を振り返る「誰もこんな苦戦は想像しなかった。それでも感謝」

シェア閉じる コメント
イタリアメディアのインタビューで、ミランのリッカルド・モントリーヴォが語った。

ミランに所属するイタリア代表MFリッカルド・モントリーヴォが11日、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じた。

昨シーズンまで4シーズンにわたりミランの主将を務めていたモントリーヴォが、今シーズンの新生ミランについて口を開いた。

「誰もこんな苦戦は想像していなかっただろう。それでも僕らは厳しい状態から抜け出せるようトレーニングを積んでいる。サポーターには僕らの味方であって欲しい。サンシーロはチームの付加価値であるべきだと思う。莫大な投資をしてくれた(シルヴィオ)ベルルスコーニや新オーナーに感謝しなければならない。チームには素晴らしい人材がいる。最大限に生かしていくだけだ」

また自身の前半戦については、「僕に関して言えば、今シーズンのスタートは辛かった。出場できないことを受け入れるのが簡単なことは決してない。それでも与えられたチャンスをつかむことができた」と振り返った。

続いてミランの新主将であるDFレオナルド・ボヌッチやジェンナーロ・ガットゥーゾ監督についてもコメントを残している。

「レオとは昔からよく知っている間柄だ。僕らの間に問題が起こったことは1度もない。皆で一緒に今の状況から抜け出したい。ロッカールームは一丸となっている。監督も情熱を持ち真摯に取り組んでいる。彼ほどミランの将来を心配している人物は他にいない。それに結果とは関係なく、態度が一貫している」

最後にモントリーヴォは、今年が下部組織出身FWパトリック・クトローネの飛躍の年になると予想した。

「彼は大きなサプライズだった。だが誰もが彼に期待している今は、彼にとって難しい時期だろう。パトリックは成長できるようにこれまで通りしっかり取り組んでいくべきだ。僕は彼ならやってくれると確信している。彼には“メンタルが強い”という素晴らしい長所があるからね」

▶セリエAを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
ユナイテッドの水が合わないポグバ、C・ロナウド加入のユヴェントス復帰を希望
次の記事:
アトレティコでオブラクとの正GK争いに臨むアダン「簡単な道もあったが、世界最高の一クラブ加入を選んだ」
次の記事:
バルセロナ、バレンシアの司令塔パレホの獲得を検討か…契約解除金は5000万ユーロ
次の記事:
ナポリ会長、スペイン代表FWロドリゴへの興味を認める「良い選手であることは否定できない」
次の記事:
鎌田大地、キャンプ前の練習試合でメンバー外に…地元紙「フランクフルトでの先行きが暗い」
閉じる