モンテッラが明かす本田圭佑の秘密「イタリア語で話すのをほとんど見たことない」

シェア閉じる コメント
カリアリ戦終了後の記者会見で、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督は、MF本田圭佑のイタリア語会話をほとんど聞いたことがないと話した。

ミランの指揮官ヴィンチェンツォ・モンテッラはカリアリ戦終了後の記者会見で、日本代表のMF本田圭佑がイタリア語で話す所をほとんど見たことがないと明かした。イタリア紙『トゥット・スポルト』が28日、報じている。

ミランは28日、セリエA最終節でカリアリ(2-1でカリアリが勝利)と対戦した。ミランは前節のボローニャ戦に勝利し、すでに来シーズンのヨーロッパリーグ予選への出場を獲得していたため、モンテッラが今シーズン限りで退団する選手にチャンスを与えることを決断した。

モンテッラが監督に就任して以来、ミランは18歳のGKジャンルイジ・ドンナルンマや23歳のスペイン人FWスソらを代表とした若手中心のチームへと移行していった。本田は構想外となりベンチを温める日々が続いたのだが、「プロフェッショナルな姿勢」は常にモンテッラから称賛されていた。信頼の証か、モンテッラは「ご褒美」として、本田をカリアリ戦で今シーズン2度目となるスターティングメンバーに起用すると、栄誉あるロッソネーリのキャプテンマークも託した。

2014年1月にCSKAモスクワから加入し、3年半にわたりミランに在籍した本田だが、モンテッラは自身が指揮した1年間で本田がイタリア語で話しているのをほとんど聞いたことがないと明かしている。30秒ほど続いた記者の質問に対し、モンテッラは苦笑いしながら、「今思ったのだが、この1年間、彼のイタリア語での会話は今の君の質問よりも短いね」と述べている。

次の記事:
吉田麻也ベンチのサウサンプトンがエヴァートンに敗戦…レスターFW岡崎慎司はベンチ外/プレミアリーグ第2節
次の記事:
長谷部先発の昨季王者フランクフルトがまさかの敗退…大迫は最初の公式戦でゴール/DFBポカール1回戦
次の記事:
グアルディオラ語る、シティになくてバルサ&レアルにあるものは「彼らは馬鹿みたいに…」
次の記事:
ベティス戦で驚異の77M独走弾…30代に入りマラドーナ&メッシ級の衝撃をもたらすレバンテMFモラレス
次の記事:
大迫勇也、ブレーメン加入後初の公式戦で先制点!ポカール1回戦で格下からヘディング弾
閉じる