モラタ関係者がユナイテッド移籍を目指してレアル・マドリーと交渉、問題は移籍金額か

シェア閉じる コメント
ユナイテッドは移籍金として7000万ユーロを用意。

マンチェスター・ユナイテッドが獲得を狙うFWアルバロ・モラタの関係者が、レアル・マドリーの本拠地サンティアゴ・ベルナベウで交渉を行った。スペイン『マルカ』が報じた。

モラタの代理人フアンマ・ロペス氏、その父親アルフォンソ氏は3日にベルナベウを訪れ、ユナイテッド移籍を成立させるための話し合いをレアル・マドリーと行った。

モラタ側はすでにユナイテッドとの交渉で合意しており、あとはクラブ間交渉が合意すれば移籍成立となる。現在の焦点は移籍金額となっており、ユナイテッドが7000万ユーロを支払う用意があるのに対して、レアル・マドリーはモラタの価値を9000万ユーロと見積もっているようだ。

リーガ・エスパニョーラのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
柴崎岳所属のヘタフェを率いるボルダラス監督...指導を志して25年で1部の舞台に
次の記事:
シメオネ、アトレティコは「有刺鉄線上で生きている」...指揮官を成り上がらせたものは「恐怖」
次の記事:
スペインメディア、アルジャジーラGKを「まるで若林君」と形容...レアル戦は「小説のような試合」
次の記事:
レアル・マドリー、冬の補強はクラブW杯結果次第か...FW補強の可能性も
次の記事:
ドルトムント、ロイスがボールを使った練習を再開…だが復帰時期は来年3月で変わらず
閉じる