モウリーニョ、A・サンチェスへの興味を否定せず「チャンスがあればいつだって…」

シェア閉じる コメント
ポルトガル人指揮官はチリ代表FWへ賛辞を贈った。

マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、アーセナルFWアレクシス・サンチェスへの興味を否定しなかった。

今シーズン終了後にアーセナルとの契約が切れるA・サンチェスは、今冬もしくは今季終了後にマンチェスター・シティに加入すると考えられてきた。しかし、ここに来て突如、マンチェスター・ユナイテッドがチリ代表FWの争奪戦に参戦。そして、12日の会見でモウリーニョ監督は同選手の獲得に動くことを否定しなかった。

「他のクラブの選手に関して話すことは論理的なのか、正しいことなのか私にはわからない。ただ、他のクラブが私の選手への興味を公言すれば、私はとても、とてもハッピーだとは言えない。アレクシス・サンチェスはアーセナルの選手で、私は彼のことをよく知らないが、今週末もアーセナルのためにプレーするだろう。だから、アレクシス・サンチェスについて話すことが正しいとは思わない」

「私も、ユナイテッドのフロントも、そこまで冬の移籍市場に重きを置いていないし、契約した選手をそこまで信頼していない。ただ、フットボール界に良い選手がいることは確かで、彼らとサインができるチャンスがあれば、1月だろうと、3月だろうと、7月だろうと、いつだってトライするべきだと思う」

「しかし、アレクシス・サンチェスに関して私が言えることはただ一つ。彼は素晴らしい選手だ。でも、彼はアーセナルの選手だから、これ以上のことは何も言うべきではないと感じている」

▶プレミアリーグを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
ペップ、教え子サネのドイツ代表落選にも文句なし「レーブの決断を尊重する」
次の記事:
トッティ氏、ドイツW杯決勝前夜を回想「眠れずに朝6時までカードゲームで遊んだ」
次の記事:
チェルシーと伊代表DFルガーニが合意…移籍金は65億円か
次の記事:
ポルトが中島翔哉獲得に向けて動く…地元メディア「S・コンセイソン監督の手中に」
次の記事:
日本代表DF遠藤航、ベルギー1部クラブ移籍へ基本合意…関根や冨安と同僚へ
閉じる

私たちは最高のオンライン環境を提供するため、クッキー(Cookie)を使用しています。当社のウェブサイトを利用することにより、当社のプライバシーポリシーに従ってクッキーの使用に同意するものとします。

もっと見る 同意する