モウリーニョ、値札に重圧を受けるポグバを擁護…今夏の新記録更新を期待

シェア閉じる コメント
モウリーニョ監督は、ポグバの巨額な移籍金が余計なプレッシャーを生んでいると考えている。

マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督がポール・ポグバのパフォーマンを称えている。『OMNISPORT』が報じている。

ポグバは昨夏ユヴェントスからマンチェスター・Uに帰還。移籍金は8930万ポンド(約130億円)に昇り、過去最高額を記録した。金額に見合うパフォーマンスができていないという理由で度々批判が起きるが、モウリーニョ監督はポグバについて以下のように言及した。

「問題は背中に付けられた値札だと思う。次の夏には移籍金最高額の選手ではなくなっていることを願いたい。そうなればプレッシャーを受けるのは他の誰かになる。ポグバの移籍金が半分だったとすれば、お買い得だったと誰もが言うだろう。『素晴らしいプレーをしている』とね。だが、誰もが、あの巨額な移籍金に見合うような活躍を期待している。そのことがプレッシャーになり、フェアではない評価も下される」

「彼は非常に良い試合をし、素晴らしいパフォーマンスを見せてきた。いつもチームのために献身的に戦う。今夏別のクラブが別の選手で移籍金の新記録を更新して、プレッシャーが取り除かれてほしい」

ポグバは2016-17シーズン、公式戦49試合に出場し、7得点5アシストを記録している。

サッカーのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
ナポリのスクデット獲得にかける夢…マラドーナの後継者は11人の英雄たち?
次の記事:
引退&退団騒動のカッサーノは家でゴロゴロ…妻から苦情も「俺はサッカーをやめてない」
次の記事:
長谷部誠、香川真司の功績を評価「彼が活躍したことで多くの日本人がドイツでプレーできている」
次の記事:
伊藤達哉、キャリア4試合目でバイエルン戦へ…ハンブルガーSV監督は再び起用法に言及
次の記事:
槙野智章が守ったハリルの教え3カ条…アジアの舞台で躍動し“最後の挑戦”へ
閉じる