メッシ、「史上最高の選手」という称号に興味なし...「自分自身を超えたい」

シェア閉じる コメント

バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、「史上最高の選手」という称号に興味がないようだ。

バルセロナで幾度となく奪冠を経験してきたメッシ。だがアルゼンチン代表では、ここまでのところ主要タイトル獲得に恵まれていない。

メッシはアルゼンチン『TyC Sports』で以下のように話している。

「僕は史上最高の選手になることに興味を抱いていない。そうなろうとしたこともない。1番にも、2番にも、3番にも、4番にもね」

「僕はシーズンが始まるたびに、自分自身を超えることを考える。常にピッチですべてを出し尽くし、自分やチームメートのために最大限の力を発揮する。史上最高の選手の選手になったとしても、僕は何も変わらない」

レアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとの競争に関しては、次のように述べている。

「僕は誰とも争わない。戦う相手は自分だ。史上最高の選手になるためにプレーしているわけじゃない。毎年、自分自身を乗り越えて、タイトルを勝ち取るためにプレーしている。キャリアを終えた時に、できるだけ多くのタイトルを獲得していたい」

「もちろん、代表でタイトルを獲得できたらいい。ここまで獲得できていないからね。だけど、クリスティアーノとの競争が刺激になることはないよ。レアル・マドリーのタイトル数は刺激になるけれどね」

▶リーガ・エスパニョーラ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

次の記事:
浅野拓磨、新天地ハノーファーに好感触「温かく迎え入れてくれた」
次の記事:
宇佐美貴史の2部ケルン行き報道は憶測…アウクスブルク広報部がSD同士の会談に言及
次の記事:
「日本はアジアのお手本」W杯16強の要因は欧州組の経験…北米メディアが考察
次の記事:
ロシアW杯でのアジア各国の戦いを総括…日本の戦いぶりにチェコメディアも高評価
次の記事:
ニューカッスルが武藤嘉紀に関心…ベニテス監督の契約延長次第で進展も?
閉じる

私たちは最高のオンライン環境を提供するため、クッキー(Cookie)を使用しています。当社のウェブサイトを利用することにより、当社のプライバシーポリシーに従ってクッキーの使用に同意するものとします。

もっと見る 同意する