メッシ不在のアルゼンチン、ナイジェリアに不覚...2点リードから逆転負け

シェア閉じる コメント
エースを休養で欠いたアルゼンチンだが、リードを守り切れず2-4でナイジェリアに敗戦。

14日に行われた国際親善試合でアルゼンチンはロシア・クラスノダールでナイジェリアと対戦した。

11日のロシア戦に1-0で勝利したアルゼンチンは、休養のため早期に代表から離脱したリオネル・メッシを欠いて挑んだ一戦、27分にエベル・バネガのゴールで幸先良く先制に成功。さらにセルヒオ・アグエロが36分に得点を奪い、アルゼンチンがリードを広げる。

しかし、アルゼンチンに2点を先制されたナイジェリアが攻勢を強める。前半終了間際の44分にケレチ・イヘアナチョのゴールで反撃ののろしを挙げると、後半にアレックス・イウォビが2ゴールをマークするなど、ナイジェリアが逆転。

試合はこのままナイジェリアのリードで終わり、メッシが欠場したアルゼンチンは2-4でナイジェリアに逆転負けを喫している。

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
“危機感”を“向上心”に…前田悠佑が33歳にして初のJ1挑戦【J1注目選手:V・ファーレン長崎】
次の記事:
恩師と再会果たした倉田秋…4年ぶりのJリーグ制覇へ共闘誓う【J1注目選手:ガンバ大阪】
次の記事:
バルサ、S・ロベルトが契約延長に正式サイン!契約解除金は675億円に
次の記事:
シャドーで地位を確立…野津田岳人の強い覚悟の奥にある“自信”【J1注目選手:ベガルタ仙台】
次の記事:
逆転に次ぐ逆転...追い込まれて真価を発揮するレアル・マドリー
閉じる