ミラン、下部組織待遇のままの闘将ガットゥーゾに契約延長&年俸アップを検討か

シェア閉じる コメント
ミラン下部組織の監督から昇格し、トップチームの指揮を執るジェンナーロ・ガットゥーゾ監督に対し、クラブは待遇の改善を検討している。

ミランは、指揮官ジェンナーロ・ガットゥーゾとの契約延長を検討しているようだ。イタリア紙『コリエレ・デラ・セーラ』が伝えた。

ガットゥーゾは11月に解任されたヴィンチェンツォ・モンテッラの後任としてミラン指揮官に就任。直後は不振から抜け出せず苦しんだものの、今年に入ってからは公式戦4勝2分と波に乗る。10日のセリエA第24節スパル戦では、アウェーながらも4-0と大勝を収めた。

短期間で自身のサッカー哲学を浸透させ、チームを掌握したガットゥーゾに対し、ミランは新契約の準備を進めている。現行の契約は2019年までとされているが、2020年まで延長。さらに下部組織“プリマヴェーラ”を指揮していた時と同額のままの年俸12万ユーロ(約1600万円)も見直され、増額される見込みだ。

ミランは15日にヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦でルドゴレツ(ブルガリア)と対戦するほか、28日にはコッパ・イタリア準決勝ラツィオ戦も予定されている。リーグ戦ではローマやインテルなど強豪との対戦も控えており、3週間の間に6試合を消化しなければならない。

ガットゥーゾはこれまで14試合を指揮し、8勝2敗4分の成績を残しているが、来る連戦を乗り切り、さらなる躍進が続けば、クラブは正式に新契約のオファーへと踏み切るだろう。

▶セリエAを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
コヴァチッチ、出場機会を求めてレアル退団を希望「別のクラブへ行くことが最善」
次の記事:
圧倒的不利の韓国…メキシコ相手に4戦ぶり勝利なるか【データで見るロシアW杯対戦カード】
次の記事:
ローマがアヤックスからクライファートJr.を獲得…移籍金22億円で5年契約
次の記事:
レアル、ロペテギ新体制補強第一号はウクライナの新星GK!移籍金約18億円で合意
次の記事:
日本を応援するポドルスキ、生まれ故郷のポーランドにもエール「どっちにも突破してほしい」
閉じる