“ミスター・インテル”が長友佑都の流出に疑問符「ユートがいる間は良かったのに」

コメント
インテルのレジェンド、ジュゼッペ・ベルゴミ氏は、クラブが長友佑都を起用せず、移籍を決断させたことに疑問を呈した。

インテルのレジェンドで、現役時代、“ミスター・インテル”と呼ばれたジュゼッペ・ベルゴミ氏が4日、イタリアメディア『スカイスポーツ』の番組に出演し、日本代表DF長友佑都の退団を惜しんだ。

インテルは12月3日のキーエヴォ戦(5-0)を最後に2カ月にわたり勝利から遠のいている。今月3日には、降格圏を争うクロトーネをホームに迎えたが、FWエデルの先制点を守り切ることはできず、1-1の引き分けに持ち込まれた。チャンピオンズリーグ出場圏外となる5位ローマとは、わずか1ポイント差に迫った。

ベルゴミ氏はインテル不振の要因の1つとして、長友をベンチに置き続けたことを挙げた。“ミスター・インテル”はこれまでも「ナガトモがプレーするべきだ」などと主張を続けていたが、指揮官ルチアーノ・スパレッティが耳を貸すことはなく、日本代表DFは1月31日にガラタサライへ移籍。インテルのレジェンドは指揮官やクラブの決断に首を傾げた。

「数字を見れば、ユート・ナガトモがいる間はチームが結果を残していたことが分かる。(イヴァン)ペリシッチも今とは別のサッカーをしていた。確かにダヴィデ・サントンは数試合において良いパフォーマンスを見せた。選手を再生したいという気持ちも分かる。大金をはたいたダウベルト・エンリケについても分かる。ナガトモは移籍させられてしまったが、彼はいつも連係プレーに積極的でダイナミックな選手だった。私が言っている事が大衆受けしないのは分かっている。それでも私ずっと前から言い続けている」

▶セリエAを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
フローニンゲン堂安律にドイツの名門が関心を示す「視線の先に日本人選手がいる」
次の記事:
金崎夢生、窮地救う同点弾もドローに「納得できない。話したくない」
次の記事:
横浜FM、磐田撃破で残留へ大きく前進!山中亮輔がロングシュートで決勝点/J1第27節
次の記事:
ユナイテッド戦は出場可?C・ロナウド処分は1試合出場停止が濃厚か…27日に決定へ
次の記事:
柏と鳥栖、残留へ痛すぎるドロー…直接対決は痛み分けに/J1第27節
閉じる