マンチェスター・U元会長、ジダン獲得に迫ったと告白...断念の理由はキングの存在?

シェア閉じる コメント
ファーガソン氏がカントナの逆鱗に触れると恐れたため、フランスのレジェンドの獲得を諦めたとエドワーズ氏が明かした。

1980年~2002年までマンチェスター・ユナイテッドの会長職を務めたマーティン・エドワーズ氏は、過去にジネディーヌ・ジダンを獲得する可能性があったことを明かしている。

フランスのレジェンドとして名高いジダンは現役時代、フランス代表として1998年ワールドカップの優勝に貢献し、ユヴェントスとレアル・マドリーではそれぞれリーグタイトルを獲得。ビッグイヤー獲得の経験もある同選手だが、マンチェスター・ユナイテッドの一員としてオールド・トラッフォードでプレーする可能性があったようだ。

1996年、当時ボルドーでプレーする24歳のジダンの獲得に動いていたとエドワーズ氏は明かした。しかし、当時チームを指揮していたアレックス・ファーガソン氏はフランス代表の先輩であるエリック・カントナとポジションが被り、同選手の怒りを買う可能性があったため、獲得には至らなかったようだ。

エドワーズ氏は、イギリス『BBC』で「ジダンとエリックは同じポジションでプレーしていた。そしてアレックスは仮にジダンを獲得した場合、“キング”エリックを怒らせることになってしまうと考えていた」と若き日のジダン獲得を見送った経緯を説明した。

続けて、両選手の居場所を作ることはできたかと問われ「今になって考えてみれば“イエスだ”。なぜならエリックは翌年に引退した。ジダンはまだ若かったし、その後全盛期を迎えることになったからね」と当時を振り返っている。

ジダンは1996年、マンチェスターに新天地を求めることなく、セリエAのユヴェントスに活躍の場を移した。そしてレアル・マドリーでスパイクを脱いだフランスのレジェンドは現在、監督として古巣を率いてチャンピオンズリーグで連覇を果たすなど、指導者としても非凡な才能を発揮している。

次の記事:
好調のバルサで、孤立するアルカセル...バルベルデ政権で「第4のFW」に居場所なし
次の記事:
【Young Guns Talk/第1回】大谷秀和×中山雄太…柏レイソルの先輩と若手が互いの想いを語り合う
次の記事:
周囲の批判を自ら払拭したMFフィリップ…好調ドルトムントで輝きを放つ
次の記事:
鹿児島ユナイテッドとFC琉球にJ2クラブライセンス…クラブライセンスの判定を発表
次の記事:
レアルに直近3試合負け無しのドルトムント…バルトラはチームに自信
閉じる