マンチェスター・C、来季からフレッジ獲得で基本合意…移籍金は67億円と報道

シェア閉じる コメント
ウクライナで評価を高めていたブラジル代表MFは、今夏からプレミアリーグに活躍の場を移すようだ。

マンチェスター・シティは、今夏のフレッジ獲得でシャフタール・ドネツクと基本合意に達した。

昨年末、マンチェスター・シティはシャフタール・ドネツクのフレッジの獲得に強い興味を持っていると報じられてきた。そして、移籍金が4000万ポンド(約60億円)程度とされている同選手の獲得を目指し、1月の移籍期間中、両クラブは頻回に交渉を続けた模様。しかし、シーズン途中での主力放出を拒むシャフタール側の抵抗があり、契約には至らず。

移籍交渉はこのまま停滞するかと思われたが、2月に入ってマンチェスター・シティとシャフタール・ドネツクは、移籍金4450万ポンド(約67億円)で24歳のブラジル代表MFの移籍は成立。両クラブ、選手サイドがこの移籍に合意したとされているが、公式発表は出されていない。

2位に勝ち点13差をつけるなど、今シーズンのプレミアリーグ優勝が大きく近づくマンチェスター・シティは、来シーズンのチーム作りに向け早くも動き出しているようだ。

▶プレミアリーグを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
鎌田大地、数日中に去就が決定か…クラブはキャンプ前に戦力の整理に踏み切る?
次の記事:
リヴァプールでクロアチア代表CBコンビ実現の可能性…ロシアW杯で準優勝に貢献
次の記事:
俳優の青山隼さんが徳島に電撃復帰!選手としてではなく…レジェンドアンバサダーで
次の記事:
J1通算21,000点まであと4発!今回も等々力で生まれるか…記念弾にまつわる仰天データ
次の記事:
横浜FM、セルビア出身DFの完全移籍内定を発表!W杯での日本の戦い、サポーターの清掃に感銘
閉じる

私たちは最高のオンライン環境を提供するため、クッキー(Cookie)を使用しています。当社のウェブサイトを利用することにより、当社のプライバシーポリシーに従ってクッキーの使用に同意するものとします。

もっと見る 同意する