マンチェスター・C主将コンパニ、敵地でバーゼルに快勝も慢心はなし

コメント

マンチェスター・シティのベルギー代表DFヴァンサン・コンパニは、チャンピオンズリーグベスト8進出に大きく近づいたものの、慢心はない。『BTスポーツ』が報じている。

マンチェスター・Cは13日にチャンピオンズリーグ決勝トーナメント一回戦でバーゼルと対戦。敵地での一戦であったが、イルカイ・ギュンドアンの2ゴールもあり、4-0で快勝。相手を支配しての勝利だっただけに、キャプテンでCBに入ったコンパニは「仕事は守備とこぼれ球を拾うことが半々だったね」と語っている。

4点差でホームのエティハド・スタジアムへ戻ることになるが、コンパニに慢心はない。

「こういった状況は経験があるが、油断してはいけない。エティハドで3-2や2-2で終われば、いい感触で次のラウンドに進めないだろうしね」

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
新体制のアーセナル、アルゼンチン代表FWをトップターゲットに?最低でも66億円必要か
次の記事:
世界チャンピオンとなったポグバがマンチェスター・Uで輝ける日は来るのか
次の記事:
レノがアーセナル初出場へ…指揮官が明言「ELでプレーする。ある点ではチェフよりも優れている」
次の記事:
失点関与の浅野拓磨にハノーファー監督から励ましの言葉「下を向くことはない。誰でもミスをする」
次の記事:
C・ロナウドはマンチェスター・U戦も出場停止の可能性?アッレグリは判定に不満
閉じる