マンチェスター・C、レイナ獲得に興味...ナポリは7億円を要求

シェア閉じる コメント
すでにエデルソンを獲得したマンチェスター・シティは、スペイン人GKの移籍交渉を進めている。

マンチェスター・シティが、ナポリGKのホセ・マヌエル・レイナに関心を抱いていることが分かった。

現在、シティとナポリの両クラブは移籍金について話し合っており、ナポリはレイナの移籍金として500万ユーロ(約7億円)を要求。一方、シティは300万ユーロ(約4億円)のオファーを提示するなど、双方には差額が生じていたが、交渉は間もなくまとまるとされている。

昨夏バルセロナから加入したGKクラウディオ・ブラーボは、期待に見合うだけの活躍が見せられず、ジョゼップ・グアルディオラ監督はウィリー・カバジェロを守護神として起用。今夏カバジェロは退団したものの、すでにエデルソンを獲得しており、仮にレイナの加入も決まれば、この2人で守護神の座を争うことになりそうだ。

一方のブラーボは今冬、いくつかのオファーがあったものの、残留を決断。今夏の退団もうわさされているが、その可能性はかなり低く、クラブとの契約を全うすることになりそうだ。

次の記事:
バイエルン、エースのバックアッパーを20億円で獲得へ…下部組織出身のドイツ代表
次の記事:
J2降格の大宮、38歳FW播戸竜二と契約更新せず「必要としてくれるチームと地域のために戦う」
次の記事:
広島、今季J2で23得点のFW渡大生が完全移籍で加入「できることを日々100パーセントやりきる」
次の記事:
ダービーフル出場も…マルセイユDF酒井宏樹は低評価「無害であることが露呈」
次の記事:
インテル初黒星も長友佑都に朗報?ライバルが最低点の評価「壊滅的」と辛辣な意見も
閉じる