マンチェスター・シティ、アグエロが2018年に入り10試合13得点と好調を維持

シェア閉じる コメント
CL通算36得点を記録しているアルゼンチン代表FW

マンチェスター・シティFWセルヒオ・アグエロは、2018年に入り好調を維持しているようだ。

アグエロは新年を迎えてから10試合に出場して13得点を記録している。プレミアリーグでは21得点を挙げており、トッテナムFWハリー・ケイン(23得点)、リヴァプールMFモハメド・サラー(22得点)に次ぐ数字だ。

シティは13日のチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦第1戦でバーゼルと対戦する。これまでCL通算36得点を記録しているアグエロだが、過去決勝T突入後の得点数は「4」と少ない。

しかしアグエロは今季トップフォームをキープしたままバーゼル戦に臨む。「我々のCLにおける目標は昨シーズンの成績を上回ること」と語るジョゼップ・グアルディオラ監督が、アグエロの得点力を必要としているのは間違いなさそうだ。

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
強力攻撃陣を抑えた吉田麻也、初戦白星に感無量「8年待ってました。長かった」
次の記事:
「勝ったからこそ取り組める課題がある」酒井宏樹が振り返るコロンビア戦
次の記事:
右サイド“激走”の原口元気、がむしゃらに“完走”「最後の10分はきつくて倒れそうだった」
次の記事:
日本代表DF吉田麻也、初戦白星に感無量「8年待ってました。長かった」
次の記事:
コロンビアメディア、日本戦敗北に失意隠せず「ハラキリをした」「大打撃だ」
閉じる