マンチェスター・シティ、アグエロが2018年に入り10試合13得点と好調を維持

シェア閉じる コメント
CL通算36得点を記録しているアルゼンチン代表FW

マンチェスター・シティFWセルヒオ・アグエロは、2018年に入り好調を維持しているようだ。

アグエロは新年を迎えてから10試合に出場して13得点を記録している。プレミアリーグでは21得点を挙げており、トッテナムFWハリー・ケイン(23得点)、リヴァプールMFモハメド・サラー(22得点)に次ぐ数字だ。

シティは13日のチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦第1戦でバーゼルと対戦する。これまでCL通算36得点を記録しているアグエロだが、過去決勝T突入後の得点数は「4」と少ない。

しかしアグエロは今季トップフォームをキープしたままバーゼル戦に臨む。「我々のCLにおける目標は昨シーズンの成績を上回ること」と語るジョゼップ・グアルディオラ監督が、アグエロの得点力を必要としているのは間違いなさそうだ。

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
「ファウルを受けた後は痛いし、苦しいんだ」ピッチ上を転げ回る行為を批判されるネイマールが反論
次の記事:
【J1特集/第17節】世界的スターがJリーグのピッチへ!イニエスタ&F・トーレスがデビューか
次の記事:
初陣対決はコバチに軍配!バイエルンがPSGを逆転で下す…ブッフォン交代直後に決勝弾/ICC
次の記事:
「うわぁ」「おぉ」「すげえ」レアル加入ヴィニシウス、超絶ループで百戦錬磨の選手たちに感嘆の声を上げさせる
次の記事:
アトレティコ、24歳で240試合出場誇るセルタ左SBジョニー獲得へ…今季はプレミアにレンタルか
閉じる

私たちは最高のオンライン環境を提供するため、クッキー(Cookie)を使用しています。当社のウェブサイトを利用することにより、当社のプライバシーポリシーに従ってクッキーの使用に同意するものとします。

もっと見る 同意する