ポグバの代理人が他クラブに売り込み開始…指揮官との対立を受け今夏の退団を視野

シェア閉じる コメント
モウリーニョ監督との不仲が囁かれるフランス代表MFは夏に新天地を求める可能性があるようだ。

敏腕代理人のミーノ・ライオラ氏は、欧州のトップクラブへポール・ポグバの売り込みを始めたようだ。複数のメディアが報じている。

11日の0-1で敗れたニューカッスル戦で、ジョゼ・モウリーニョ監督が試合後にポグバを批判したことを皮切りに、両者の対立が報じられ始めた。先日のチャンピオンズリーグ・セビージャ戦でも同選手は先発から外れるなど、ポルトガル人指揮官との不仲説が一気に過熱し、マンチェスター・ユナイテッドで幸せを感じられていないとまで言われている。

そして、ポグバの代理人を務めるライオラ氏が、すでに複数のビッグクラブとコンタクトを取っていることが発覚。今回の報道によると、ポグバはプレミアリーグから離れる意思を持っているようで、敏腕代理人も同選手を今夏に他クラブへ移籍させようと画策しているようだ。

しかし、最大の障壁は週給29万ポンド(約4300万円)ともいわれるポグバのサラリーで、同選手を獲得したクラブは他選手のサラリーを見直す必要に迫られると考えられている。そのため、現段階で獲得に興味を示すクラブは現れていないようだ。

▶プレミアリーグを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
フランスが2戦目で爆発か…ペルーの対策すべき点は?【グループC第2節プレビュー】
次の記事:
“脱メッシ依存”なるか。後がないアルゼンチンがクロアチアと激突【グループD第2節プレビュー】
次の記事:
メッシ登場!アルゼンチンvsクロアチアを大手ブックメーカーはどう見る?
次の記事:
堅守光るデンマークを豪州はどう崩すのか?名将の采配に注目【グループC第2節プレビュー】
次の記事:
GLで強いフランス、ムバッペとロリスの記録達成なるか【データで見るロシアW杯対戦カード】
閉じる