ボス監督、ドルトムントでの将来に疑いなし…かかる圧力も「もっと嫌なときを経験してきた」

シェア閉じる コメント
不調に陥り、勝利から見放されているドルトムント。しかし、ボス監督は将来に疑いを持つことはないという。

ドルトムントを率いるピーター・ボス監督は、難しい状況でも自身の将来を疑うことはない。

ドルトムントは現在、厳しい時期を過ごしている。ブンデスリーガで6試合勝利がないことに加え、先週末のシャルケ戦ではホームで4点をリードしながら、ドローに終わった。解任のうわさは絶えないものの、クラブからは続投の決断が下され、ボス監督は記者会見で「将来を信じている」と話し、こう続ける。

「もちろん勝たなければならない。それが今最も重要なことだ。うわさに惑わされることはない。慣れているし、何が起きうるかということもわかっている。ただ、(未来の話は)助けにはならない。邪魔になるだけだし、自分の仕事に集中している」

大きなプレッシャーがかかっている状況ではあるが、ボス監督は降格に瀕した状況のほうが難しかったと話す。

「もっと小さなクラブを指揮した経験がある。残留争いによるプレッシャーのほうがより嫌だった。クラブの中からかかる圧力だからね」

ドルトムントは次節、不調からの脱却を目指して12月2日にレヴァークーゼンと対戦する。

▶ブンデスリーガを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
コロンビア代表MF、日本戦へ向けて勝利を祈願「僕らは神の手に託された」
次の記事:
「他大陸に対するコンプレックスはもうない」セネガル指揮官がアフリカ勢の躍進を予想
次の記事:
初戦大勝のロシアに後がないエジプトが挑む…サラーは2戦目に間に合うのか?【グループA第2節プレビュー】
次の記事:
攻撃のカギを握るレヴァンドフスキとマネ…重要な初戦で結果を出すのは?【グループH第1節プレビュー】
次の記事:
【独白】ハリル、日本代表への祈り「選手を信じている。心から応援するよ」/インタビュー
閉じる