ベイル、レアル・マドリーの新監督待たず移籍に動く…マンチェスター・Uがプレミア最高の待遇用意か

シェア閉じる コメント

レアル・マドリーMFガレス・ベイルが、今夏の市場で同クラブを退団するべく動き出しているようだ。イギリス『ザ・タイムズ』が報じている。

ジネディーヌ・ジダン監督率いる今季のレアル・マドリーで、出場機会が少なさに不満を持っていたとされるベイル。ジダン監督は辞任したが、『ザ・タイムズ』曰く同選手の代理人は新監督が誰になるのかを待つことなく、移籍への準備を進めているようだ。

同紙によれば、ベイルの移籍先の最有力候補は、マンチェスター・ユナイテッドの模様。ユナイテッドは、レアル・マドリーがベイル獲得の際にトッテナムに支払った1億ユーロ(約128億円)以上の移籍金を用意しており、またベイルもプレミアリーグ復帰に前向きであるという。

ユナイテッドはプレミアリーグ最高の給与となる、週給50万ポンド(約7300万円)でベイルを迎える考えとみられている。

Goal_worldcup_article_banner

▶リーガ・エスパニョーラ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

次の記事:
槙野智章が明かす原口元気への恩返し「スタンドとピッチという境界はありましたが…」
次の記事:
磐田・名波監督、怒涛の追い上げを見せた鹿島の強さに脱帽「我々も目標にしなければ」
次の記事:
磐田に昨季の雪辱果たせぬも…鹿島MF三竿「いいめぐり合わせ、ここから再出発」
次の記事:
W杯戦士・槙野&遠藤コンビで3発!浦和がCKから全得点奪い快勝…名古屋は絶望の14戦未勝利/J1第16節
次の記事:
パトリックら前線が大暴れ!首位広島がG大阪に4発圧勝で勝ち点40到達/J1第16節
閉じる

私たちは最高のオンライン環境を提供するため、クッキー(Cookie)を使用しています。当社のウェブサイトを利用することにより、当社のプライバシーポリシーに従ってクッキーの使用に同意するものとします。

もっと見る 同意する