ヘタフェ柴崎岳、11月後半に復帰か...負傷から2カ月が経過

シェア閉じる コメント
パチェコの復帰に加えボルダラス監督に朗報

ヘタフェMF柴崎岳が、実戦復帰に近づいているようだ。

9月16日のリーガエスパニョーラ第4節バルセロナ戦(1-2)で鮮やかな左足ボレーを沈め、リーガ1部初得点を記録した柴崎。だが、その試合の後半に左足を痛め、負傷交代を余儀なくされた。

広告

左足中足骨を亀裂骨折したとされる柴崎は、当初保存療法での回復を試みていたが、最終的に手術を決断した。手術後は一時帰国してリハビリに励んでいた。

スペイン『マルカ』によると、柴崎は11月後半にホセ・ボルダラス監督のチームに合流する予定だという。ヘタフェは3カ月負傷離脱していたFWダニエル・パチェコも復帰に迫っており、ボルダラス監督に朗報が届いたと伝えられている。

▶リーガ・エスパニョーラを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
「バルサ戦は今シーズンの大一番」アザールがW杯で苦杯をなめたメッシへの雪辱を誓う
次の記事:
スペインで苦境の井手口陽介…リーズ地元サイトも初先発に厳しい評価「言語面が大きな障害に」
次の記事:
中国に取られた「アジアNo.1」の称号…ドイツ人記者の目にJリーグはどう写る?【開幕特集】
次の記事:
コンテ、“世界最高のクラブ”バルセロナ戦へ意気込み「情熱を持って戦う」
次の記事:
ラツィオがシーズン終了後のデ・フライ退団を認める…プレミア勢による争奪戦が勃発か
閉じる