ヘタフェ柴崎岳、11月後半に復帰か...負傷から2カ月が経過

コメント
パチェコの復帰に加えボルダラス監督に朗報

ヘタフェMF柴崎岳が、実戦復帰に近づいているようだ。

9月16日のリーガエスパニョーラ第4節バルセロナ戦(1-2)で鮮やかな左足ボレーを沈め、リーガ1部初得点を記録した柴崎。だが、その試合の後半に左足を痛め、負傷交代を余儀なくされた。

広告

左足中足骨を亀裂骨折したとされる柴崎は、当初保存療法での回復を試みていたが、最終的に手術を決断した。手術後は一時帰国してリハビリに励んでいた。

スペイン『マルカ』によると、柴崎は11月後半にホセ・ボルダラス監督のチームに合流する予定だという。ヘタフェは3カ月負傷離脱していたFWダニエル・パチェコも復帰に迫っており、ボルダラス監督に朗報が届いたと伝えられている。

▶リーガ・エスパニョーラを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
3年前にイグアインと自撮りのミラン20歳FW、同僚になり感激「彼を観察している」
次の記事:
「イカルディはゴール前の獣」フィオレンティーナ指揮官、インテル戦へ両エースを比較
次の記事:
ドルトムント指揮官、ゲッツェに関する質問に不快感「他の選手に対して敬意を欠けている」
次の記事:
ミラン売却から1年半、ベルルスコーニ氏がサッカー界へ復帰…28日に伊3部で再出発
次の記事:
浦和が見せた3ボランチの可能性。柏木陽介復帰で見えたACLへの道すじ
閉じる