ヘタフェ柴崎岳、11月後半に復帰か...負傷から2カ月が経過

シェア閉じる コメント
パチェコの復帰に加えボルダラス監督に朗報

ヘタフェMF柴崎岳が、実戦復帰に近づいているようだ。

9月16日のリーガエスパニョーラ第4節バルセロナ戦(1-2)で鮮やかな左足ボレーを沈め、リーガ1部初得点を記録した柴崎。だが、その試合の後半に左足を痛め、負傷交代を余儀なくされた。

広告

左足中足骨を亀裂骨折したとされる柴崎は、当初保存療法での回復を試みていたが、最終的に手術を決断した。手術後は一時帰国してリハビリに励んでいた。

スペイン『マルカ』によると、柴崎は11月後半にホセ・ボルダラス監督のチームに合流する予定だという。ヘタフェは3カ月負傷離脱していたFWダニエル・パチェコも復帰に迫っており、ボルダラス監督に朗報が届いたと伝えられている。

▶リーガ・エスパニョーラを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
練習再開の原口元気は次戦も欠場へ…指揮官は起用に慎重「まだ早過ぎる」
次の記事:
Jリーグがさらに認知されるには?スペイン人記者が提言することとは【開幕特集】
次の記事:
5発大勝のバイエルン、2発のミュラー「退場の恩恵を受けた」…指揮官は後半に満足
次の記事:
8戦連続フル出場の長谷部誠、独メディアも絶賛「鷹のように…」チームはCL出場圏内浮上
次の記事:
バルサ、チェルシーに先制許すもメッシ弾で追いつき敵地で価値あるドロー/CLラウンド16
閉じる