ブンデスリーガの監督人事で玉突き?レヴァークーゼンがトゥヘル招聘に動く

シェア閉じる コメント
レヴァークーゼンが新監督招聘に動く。ライバルであるドルトムントからトゥヘルはやってくることになるのか。

レヴァークーゼンはドルトムントを率いるトーマス・トゥヘル監督招聘に動き出しているようだ。ドイツ『Rheinische Post』が報じた。

トゥヘルはドルトムントとの契約を2018年まで残しているものの、成績や首脳陣との衝突などから今シーズン限りでチームを去る可能性が報じられた。すでにドルトムントは、現ニース監督で、ボルシア・メンヒェングラッドバッハでブンデスリーガの経験も豊富なルシアン・ファブレ招聘に動いているとされる。

それに伴い、レヴァークーゼンはトゥヘル監督を招こうとしているという。クラブは3月にロジャー・シュミット監督を解任し、タイフン・コルクトを招聘したが、成績は改善されず、来季の欧州行きを逃している。来季は巻き返しのため、国内で成功してきた実績を持つトゥヘルを新監督に就任させようという動きがあるようだ。

なお、レヴァークーゼンはシーズン残り1試合で、12位。降格の可能性はないものの、不振にあえいだ1年となっている。

次の記事:
決勝点献上のリンデロフに批判殺到「ユナイテッドではなくIKEAで働くべき」
次の記事:
「このままじゃ残留争い」武藤嘉紀が募らせた危機感と厳しすぎるマインツの状況とは?
次の記事:
ハダースフィールド指揮官、マンチェスター・U戦の勝利に「キャリアで最も誇れる瞬間」
次の記事:
鹿島DF昌子源、味方のミスから失点も「誰かのせいにすることは無意味」…サポーターとの結束を訴える
次の記事:
本田圭佑が先発出場でポスト直撃FK…パチューカは4試合ぶりの勝利/リーガMX第14節
閉じる