ブッフォン、涙の代表引退…W杯出場逃し「こんな最後は望んでいなかった」

コメント
スウェーデン戦後人目を憚らず涙を流したブッフォン。あまりにも悲しい最後となってしまった。

イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンが、スウェーデン戦を最後に代表から引退することを明かした。

イタリアは13日、ロシア・ワールドカップ欧州予選プレーオフでスウェーデンと対戦。敵地での初戦を0-1で落としていただけに、勝利が最低条件となっていたが、サンシーロでイタリアはゴールを割れず。スコアレスドローで終了し、イタリアはロシア行きを逃した。

試合後には人目を憚らず涙を流したブッフォンは、イタリア『RAI TV』のフラッシュインタビューに応じ、代表引退を発表した。

「申し訳ない。(引退は)遅かれ早かれ起きうることだ。でもイタリア代表としてこんな最後は望んでいなかった」

「(ジャンピエロ)ヴェントゥーラが唯一批判されるべき人間ではない。我々全員に罪があり、責任がある。フットボールとはそういうものだ」

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
解析・イニエスタ。戸田和幸が読み解くプレーのディテール/第1回データ編
次の記事:
ACL4強進出の鹿島、J1第31節・C大阪戦の日程が10月31日に変更!カシマで19時キックオフ
次の記事:
望まぬ改革迫られたレアル・マドリー…ロペテギを襲う“CL四連覇”の重圧
次の記事:
「選手を蔑むようなことはやめてくれ」トッテナム指揮官がメディアに苦言
次の記事:
久々のCLで勝利に貢献した長友佑都「6年ぶりのアンセムは鳥肌たった」
閉じる