ファジアーノ岡山、長澤徹監督と契約を更新…2015年シーズンから指揮

シェア閉じる コメント
ファジアーノ岡山は長澤徹監督と契約を更新した。

ファジアーノ岡山は15日、長澤徹監督と契約を更新することで合意したと発表した。2018年も長澤監督が岡山の指揮を執る。

長澤監督は愛媛県出身の48歳。現役時代はジュビロ磐田などでプレー。指導者としてはFC東京や磐田の監督を歴任し、2014年に岡山のトップチームコーチに就任すると、翌年より監督となった。

岡山は13勝15分け13敗で14位。16日に行われる明治安田生命J2リーグの最終節では、3位のアビスパ福岡と対戦する。

▶Jリーグを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
酒井高徳、同僚MFの決心を称賛…ホルトビーは大幅減俸で2部降格HSVと合意との報道
次の記事:
デンマーク代表監督、W杯同組のフランスは「FIFAランクほど強くない」
次の記事:
伊監督、愛弟子バロテッリに期待「彼を信じている」FIFAランク20位には「怒り」
次の記事:
レアル、アセンシオへの190億円オファーを拒否…契約解除金は900億円
次の記事:
ミュラーが語るバロンドール有力候補は?「世界中が新たな選手を待っている」
閉じる