ピッチ内にボールが2つ…ホッフェンハイム1点目に対するバイエルンの見解は?

シェア閉じる コメント
リーグ戦3試合目にてホッフェンハイムに0-2と敗北。バイエルン、1点目の正当性に戸惑う。

9日に行われたブンデスリーガ第3節、バイエルン・ミュンヘンはアウェーの地でホッフェンハイムに0-2で敗れた。そのホッフェンハイムの先制点が、ドイツで議論を呼んでいる。

この試合の27分、バイエルンのマッツ・フンメルスはサイドラインを越えたボールを相手陣内へと大きくクリア。そのボールがピッチ上を飛んでいる間、ホッフェンハイムFWアンドレイ・クラマリッチがボールボーイに新しいボールを求め、受け取った後に前線のマルク・ウートめがけて投げ込んだ。そのウートがシュートを突き刺し、ゴールが認められた。

ピッチ内にボールが2つあったとして、バイエルンは抗議。カルロ・アンチェロッティ監督も「主審は私に、2つ目のボールがプレーに影響しなかったと説明したね。だが、私はボールがピッチ内に2つあったことで、プレーが止められるべきと考えた」と、主審の主張に戸惑いを隠せない様子だった。

一方で、早いクイックスタートでウートに突破されたフンメルスは、ミックスゾーンでこのように語っている。

「正直、このゴールに関するルールは僕には分からない。2つ目のボールが使われ、その2つ目のボールでゴールが決められたんだ。主審は2つ目のボールがプレーの邪魔にならなければ、試合は止められないと説明している。ただ、それはあの状況にまったく当てはまらないんだ。実際に2つ目のボールでゴールが決められたのだからね」

FIFAのルールによれば、2つ目のボールがピッチ内に入った場合、そのボールがプレーに影響を及ぼす場合のみ主審がプレーを止めるべきだという。だが今回は、フンメルスのクリアしたボールが既にサイドラインを越えていた。2つ目のボールとしてみなされるべきなのか定められておらず、ルールブックに抜け穴があるのかもしれない。

▶ブンデスリーガのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう

次の記事:
ラス・パルマス、ビエラを北京国安に売却…会長「あんな年俸額を競えるのはバルサ、レアル、アトレティコだけ」
次の記事:
セスク、考えることはペップと同じ…チェルシー対バルサは「メッシのいるチームが本命」
次の記事:
リバウド氏、古巣バルセロナは「チェルシーよりもチームとなっている」
次の記事:
打ち合いの末レアル・マドリーに敗れたベティス、セティエンは「BBCを起用してもらいたかった」
次の記事:
テア・シュテーゲン、独代表正守護神の座に意欲示さず「ノイアーが戻れば、彼がナンバー1」
閉じる