ビダル、チリ代表引退を否定「呼ばれて、見捨てることはない。それが代表チーム」

シェア閉じる コメント
チリ代表引退をほのめかしたビダル。しかし、熱い言葉でそれを否定した。

チリ代表MFアルトゥーロ・ビダルは、今後も代表に招集されれば、応じる構えを見せている。

チリは先日、ロシア・ワールドカップ南米予選最終節でブラジルに敗戦。その結果、6位に後退し、W杯出場権を逃した。出場停止でミュンヘンと戻っていたビダルは、直後にチームメイトへ感謝のコメントを送り、代表引退をほのめかしていた。

しかし、ビダルはTwitterでのメッセージで代表からの招集を無視することはないとしている。

広告

「チリ人として悲しかった。夢を失ったのだからね。今は学ばなければならないし、繰り返さないようにしたい。努力にもかかわらず、目標を達成できなかったのだから悲しいよ。でも全てが終わったわけではない。時代が終わったわけでも、チームが終わったわけでも、夢が終わったわけでもない。僕らは喜びを与えるためにまだまだ戦う」

「とても難しいときだ。チリは戦士のチームだし、その一員だったことを誇りに思う。僕がチリを見捨てることはない。最後までともに戦う。どんなときも呼ばれればね。それが代表チームだ」

また、ビダルの同僚であるオランダ代表FWアリエン・ロッベンは代表引退。最後の試合で2ゴールを奪っていた。

次の記事:
50歳・中山雅史が沼津と契約更新!50代のJリーグ選手はキング・カズとゴン中山に
次の記事:
バルベルデ、デンベレの負傷に「長期離脱ではない。遊びには興じないよ」
次の記事:
甲府、FWジネイが湘南から完全移籍で加入「J1復帰しましょう」
次の記事:
浦和ACL優勝の立役者、R・シルバが中国移籍へ…メディカルのためチーム離脱
次の記事:
徳島、コスタリカ代表GKが期限付き移籍で加入内定…ロシアW杯予選でもメンバー入り
閉じる