ビエット、バレンシア移籍で爆発...42メートル弾含むハットトリックの活躍

コメント
今冬アトレティコ・マドリーから加入

バレンシアFWルシアーノ・ビエットが、ついに“ゴールの呪縛”から解放された。

バレンシアは9日のコパ・デル・レイ5回戦第2戦でラス・パルマスと対戦した。ビエットの3得点などで4-0と勝利を収め、2試合合計スコア5-1でベスト8進出を決めている。

今冬の市場でアトレティコ・マドリーからバレンシアに移籍したビエットは移籍後初ゴール。66分には、相手GKラウール・リソアインが前に出ていたのを見逃さず、およそ42メートルの距離からロングシュートを放ち、ネットを揺らした。

ビエットはセビージャに所属していた2016年12月21日のコパのベスト32第2戦フォルメンテーラ戦以降、1年以上無得点が続いていた。だがバレンシア移籍後2試合目にしてハットトリックの活躍を見せ、71分に交代でベンチに下がる際には本拠地メスタージャの観衆からスタンディングオベーションを受けている。

ビエットは試合後、「1年間ノーゴールが続いて、いきなりハットトリックだからね...。これを説明するのは難しいよ」と語った。スペイン移籍1年目にビジャレアルで強烈なインパクトを残したストライカーが、復活している。

▶リーガ・エスパニョーラを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
120分の死闘を制したのは鹿島!粘る広島を振り切る…8強の全カードが決定/天皇杯ラウンド16
次の記事:
川崎Fが堅守の湘南を崩せず痛恨ドロー。終盤にPK獲得も小林悠が失敗/J1第27節
次の記事:
元アーセナルのヴェンゲル氏、今後のことは未定とするも「監督業から引退していない」
次の記事:
磐田が札幌に4発快勝!準々決勝で仙台と激突/天皇杯ラウンド16
次の記事:
「日本人とプレーするのは好き」 新天地初先発で勝利に貢献のシャヒン、大迫勇也との連係に言及
閉じる