ビエットがバレンシアで復活...“メンタリスト”の役割担うマルセリーノ

シェア閉じる コメント
ザザ、ゲデス、ロドリゴらを再生

バレンシアFWルシアーノ・ビエットが、復活を遂げた。その背景には、マルセリーノ・ガルシア・トラル監督の支えがあったようだ。

今冬アトレティコ・マドリーからバレンシアに移籍したビエットは、1年以上無得点が続き苦しんでいた。だがバレンシア加入を決め、2試合目(コパ・デル・レイ5回戦第2戦ラス・パルマス戦)にしてハットトリックを達成してゴールの呪縛から解放されている。

ビエットはラス・パルマス戦後、「マルセリーノは僕の最高のパフォーマンスを引き出す術を知っている」と語った。指揮官を称えているのは、アルゼンチン人FWだけではない。

主将を務めるMFダニ・パレホは、マルセリーノ監督について「練習初日から、僕は何かを感じ取った。注意を引き付けられ、思ったんだ。『この監督と過ごす一年を逃すことはできない』とね」と述べている。

FWロドリゴ・モレノはスペイン代表に定着して、シモーネ・ザザはイタリア代表に返り咲いた。MFゴンサロ・ゲデスはポルトガル代表に招集された。マルセリーノ監督は“メンタリスト”として、バレンシアで数多くの選手を再生している。

▶リーガ・エスパニョーラを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
ガラタサライに続きベジクタシュも香川真司に関心を示す…日本代表MFのトルコ行きに現実味?
次の記事:
トッテナムとソン・フンミンが2023年までの新契約に合意…同日にラメラとも契約延長締結
次の記事:
W杯期間中に追放されたクロアチアFW、準優勝メダルの受け取りを拒否「もらう資格がない」
次の記事:
名将トラパットーニ氏、C・ロナウドのセリエA加入を歓迎「ウィリアム・テルのように」
次の記事:
ローマSD、アリソン放出の正当性を主張「野望の欠如ではない」
閉じる

私たちは最高のオンライン環境を提供するため、クッキー(Cookie)を使用しています。当社のウェブサイトを利用することにより、当社のプライバシーポリシーに従ってクッキーの使用に同意するものとします。

もっと見る 同意する