パリSG指揮官エメリがスペインメディアに不満「CL前に我々を陥れようとしている」

シェア閉じる コメント
パリSGのエメリ監督が、ネイマールの移籍騒動を大きく報じている、スペインメディアの論調を批判している。

パリ・サンジェルマンはUEFAチャンピオンズリーグの決勝トーナメント1回戦で、レアル・マドリーと激突する。

2月から3月に掛けてホーム&アウェーで行われるこの戦いを前に、スペインメディアは「ネイマールがレアル・マドリーに移籍する可能性が高まっている」との内容で報じ、直接対決を前にネイマールを中心とした騒動へと発展しつつある。

このようなスペインメディアの論調について、パリSGを率いるスペイン人指揮官ウナイ・エメリは、「スペイン紙の悪質なデマだ」と述べている。

「マドリーと戦う前に、我々は次の試合に向けて常に集中しているつもりだ。だが、スペインメディアの報道は質が低く、憶測で記事を書いたりしている」

「特に『マルカ』なんかは、ネイマールがもうマドリーに行くかのような内容で報じている。これは事実とは異なるし、悪質なデマだ。これは、スペインメディアが我々を混乱させ、陥れようとしている恣意的な意図さえ感じる」

昨夏、2億2200万ユーロ(約292億円)の契約解除金でパリSGに加わったネイマールだったが、古株のエディンソン・カバーニと対立しているとのうわさも浮上し、バルセロナからパリ経由でレアル・マドリーに移籍する可能性があると報じられていた。

エメリ監督は次のように述べ、現在のパリSGに問題がないと強調している。

「ここにいる選手は皆が刺激的で劇的な成長を遂げている。クラブ幹部と選手も良好な関係にあるし、誰かが急にいなくなるなんてことはない」

▶リーグ・アンを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
ペップ、教え子サネのドイツ代表落選にも文句なし「レーブの決断を尊重する」
次の記事:
トッティ氏、ドイツW杯決勝前夜を回想「眠れずに朝6時までカードゲームで遊んだ」
次の記事:
チェルシーと伊代表DFルガーニが合意…移籍金は65億円か
次の記事:
ポルトが中島翔哉獲得に向けて動く…地元メディア「S・コンセイソン監督の手中に」
次の記事:
日本代表DF遠藤航、ベルギー1部クラブ移籍へ基本合意…関根や冨安と同僚へ
閉じる

私たちは最高のオンライン環境を提供するため、クッキー(Cookie)を使用しています。当社のウェブサイトを利用することにより、当社のプライバシーポリシーに従ってクッキーの使用に同意するものとします。

もっと見る 同意する