パリSGが大事に育ててきた“真珠”...大型補強のなかで定位置奪取したラビオ

シェア閉じる コメント
2012年にトップデビューを飾る

近年大型補強を敢行してきたパリ・サンジェルマンだが、そのなかで一人のカンテラーノ(下部組織出身選手)が定位置を奪取している。

MFアドリアン・ラビオは13歳でパリSGに入団した。パリ生まれ、パリ育ちの彼は順調に成長を続け、2012年に当時監督だったカルロ・アンチェロッティ氏の下でトップデビューを飾った。

初のチャンピオンズリーグ制覇を願うパリSGは、その後MFアンヘル・ディ・マリア、ユリアン・ドラクスラーらを次々に獲得して中盤を補強した。しかしながらラビオは現在、ウナイ・エメリ監督の下でレギュラーポジションを確保している。

パリSGと2019年まで契約を結んでいるラビオ。パリSGは近い将来彼を主将に任命することを検討しているという。

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
メッシに何が起きたのか?元アルゼンチン代表ベロン氏「それを知っているのは彼だけ」
次の記事:
劇的勝利も辛口評価?英『BBC』が白熱のドイツvsスウェーデンを採点
次の記事:
「最後まで全力で戦った彼らに感謝」韓国指揮官は2連敗を喫するもチームを称えた
次の記事:
想定外をものともせず――泰然自若の西野ジャパンが仕掛ける大勝負【現地発プレビュー】
次の記事:
ハメスは闘志むき出しに…ポーランドvsコロンビアを大手ブックメーカーはどう見る?
閉じる