バレンシア、来季の中心はコンドグビア...33億円でインテルから買い取りへ

コメント
マルセリーノ政権で必要不可欠な選手に

バレンシアは、MFジョフレイ・コンドグビアを2018-19シーズンの中心選手にする考えのようだ。

コンドグビアは今夏、インテルからバレンシアに移籍した。コンドグビアを1年レンタルで獲得したバレンシアだが、レンタル終了時に2500万ユーロ(約33億円)で同選手を買い取れるオプションを契約に盛り込んでいる。

バレンシアでは今季、パリ・サンジェルマンからレンタル加入したMFゴンサロ・ゲデスが輝きを放っている。しかしながらマルセリーノ・ガルシア・トラル監督はコンドグビアこそが必要不可欠な選手だと考えており、フランス人MFの残留をクラブに要望しているようだ。

先のヘタフェ戦で敗れて今季初黒星を喫したバレンシアだが、リーガエスパニョーラ第14節終了時点で首位バルセロナ、3位アトレティコ・マドリー、4位レアル・マドリーの間に割って入り、現在2位に位置している。首位バルセロナとは勝ち点5差という状況だ。

▶リーガ・エスパニョーラを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
再び降格圏迫る名古屋。前田直輝、3戦連続弾も及ばず「次に切り替えないといけない」
次の記事:
シメオネのブレない哲学「私はポゼッションよりも失点を減らすことを好む」
次の記事:
「大きな経験になった試合」風間監督が語る古巣・川崎Fから見習うべきものとは?
次の記事:
スペインサッカー監督委員会、昨季最優秀監督に柴崎岳所属のヘタフェ指揮官を選出
次の記事:
香川真司、リーグ戦選外からスタメンに!ホッフェンハイム戦メンバーが発表
閉じる