バレンシアに拠を構えるバルセロナのペーニャ、カタルーニャ独立問題でクラブとの関係絶つ

シェア閉じる コメント
後に続くペーニャも?

バレンシア自治州のエルダに拠を構えるバルセロナのペーニャ(クラブ後任のファン組織)が、カタルーニャ自治州の独立問題を受けて、クラブとの関係を絶った。スペイン『マルカ』が報じている。

ペーニャ・バルセロニスタ・デ・エルダは1980年に結成し、現在は80名が在籍。しかしバルセロナと同クラブの幹部陣がカタルーニャ自治州の独立の動きに加担としているとして、クラブとの関係を解消することを決定している。同ペーニャをまとめるホセ・ナバーロ氏によれば、「満場一致」で下した決定とのことだ。

なおバルセロナのペーニャは、世界で1529組存在している。その内訳はカタルーニャ自治州で519組、スペインの他地域で896組、スペイン国外で114組となっている。カタルーニャ自治州及びバルセロナの動きを嫌うペーニャが、ペーニャ・バルセロニスタ・デ・エルダに続く可能性もありそうだ。

なおホセ・ナバーロ氏によれば、ペーニャ・バルセロニスタ・デ・エルダは現在、SNS上で批判や侮辱に晒されているという。

次の記事:
アザールとクルトゥワを狙うレアル・マドリー、248億円のオファーで初期段階の合意か
次の記事:
FW渡邉千真がSNS投稿「ようこそヴィッセル神戸へ」…イニエスタを歓迎
次の記事:
神戸のイニエスタ、鳥栖のF・トーレスがJリーグ登録選手に…最速デビューは22日に
次の記事:
EL剥奪危機のミランCEO、CAS裁判終え「できる限りを尽くした。自信はある」
次の記事:
FC東京戦で負傷の柏GK中村航輔が退院…脳しんとうと診断
閉じる

私たちは最高のオンライン環境を提供するため、クッキー(Cookie)を使用しています。当社のウェブサイトを利用することにより、当社のプライバシーポリシーに従ってクッキーの使用に同意するものとします。

もっと見る 同意する