バルセロナ、移籍金40億円を準備してアルトゥール獲得で基本合意か

シェア閉じる コメント
2019年1月までグレミオに残留する見込み

バルセロナがグレミオFWアルトゥール・メロ獲得に近づいている。スペインやブラジルの複数メディアが報じた。

バルセロナのロベルト・フェルナンデスSD(スポーツディレクター)は19日にアルトゥールの代理人であるホルヘ・メチャド氏と話し合いの場を設けた。その後、ロベルトSDはグレミオ幹部と会合を行い、基本合意にこぎ着けたという。

ブラジル『UOL』によれば、バルセロナは固定額3000万ユーロ(約40億円)+ボーナス1000万ユーロ(約13億円)の移籍金を準備している模様だ。バルセロナは2019年1月までアルトゥールをグレミオに残留させ、その後正式加入させるとみられている。

▶リーガ・エスパニョーラを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
リトルホンダは?本田圭佑がメルボルンを選んだ経緯「自問自答して出した答え」
次の記事:
レアルの伝説ジダン氏、来季はプレミアで指揮?マンチェスター・Uに関心と仏メディア報道
次の記事:
「プレシーズンの間何をやっていたんだ?」アーセナルOBが新監督エメリの手腕に疑問
次の記事:
宇佐美貴史はフォルトゥナのキーマンに?現地メディア「昨季後半はめざましい活躍」
次の記事:
マドリードの“覇者”を決める戦い。UEFAスーパーカップ、新生レアルと雪辱に燃えるアトレティコ
閉じる