バルセロナ、移籍金40億円を準備してアルトゥール獲得で基本合意か

シェア閉じる コメント
2019年1月までグレミオに残留する見込み

バルセロナがグレミオFWアルトゥール・メロ獲得に近づいている。スペインやブラジルの複数メディアが報じた。

バルセロナのロベルト・フェルナンデスSD(スポーツディレクター)は19日にアルトゥールの代理人であるホルヘ・メチャド氏と話し合いの場を設けた。その後、ロベルトSDはグレミオ幹部と会合を行い、基本合意にこぎ着けたという。

ブラジル『UOL』によれば、バルセロナは固定額3000万ユーロ(約40億円)+ボーナス1000万ユーロ(約13億円)の移籍金を準備している模様だ。バルセロナは2019年1月までアルトゥールをグレミオに残留させ、その後正式加入させるとみられている。

▶リーガ・エスパニョーラを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
フランスが2戦目で爆発か…ペルーの対策すべき点は?【グループC第2節プレビュー】
次の記事:
“脱メッシ依存”なるか。後がないアルゼンチンがクロアチアと激突【グループD第2節プレビュー】
次の記事:
メッシ登場!アルゼンチンvsクロアチアを大手ブックメーカーはどう見る?
次の記事:
堅守光るデンマークを豪州はどう崩すのか?名将の采配に注目【グループC第2節プレビュー】
次の記事:
GLで強いフランス、ムバッペとロリスの記録達成なるか【データで見るロシアW杯対戦カード】
閉じる